FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 私のこと

霧島への旅(本編) 

2012/09/19 Wed.

 
旅の朝は早起き、
7時過ぎの飛行機に乗って約1時間、鹿児島空港に到着。

遠いご先祖様の西郷さんの銅像にあいさつをし、
人懐っこいレンタカー屋のおじさんに手続きをしてもらい、霧島へ。
10時には湯けむりの里で硫黄の香りに包まれていました。


今回の旅、
目的はふたつ、
ひとつめは後半にゆっくり書きますが、
ふたつめは神が宿るような清い森で深呼吸をすること、
伊勢神宮に行くのもいいなと思っていました。

霧島の観光案内所で、気ままに行き先を決めることに。
霧島神宮が、由緒正しき神様を祀ったパワースポットとのお話、
お伊勢さんに行きたかった私はまず目指しました。

深い森の中の、赤く美しい鳥居、
苔むした石の手水舎、
ここは天孫降臨の地。

境内を散策すると、湧き水が滔々と流れる川があり、
彼岸花や、カラスウリの花や実が見られました。
(野生のカラスウリは初めてで感激)
ここは春に坂本龍馬とおりょうさんが新婚旅行で立ち寄ったそうです。

2012:09:14 IMG_2621 のコピー2012:09:14 IMG_2626 のコピー2012:09:14 IMG_2636 のコピー

2012:09:14 IMG_2637 のコピー2012:09:14 IMG_2638 のコピー2012:09:14 IMG_2640 のコピー

湧き水は、なんて心洗われるものだろう。。。
ずっと見ていても飽きない透明感と清涼感。
そういえば昔、新幹線を途中下車して、柿田川を見に行ったことがありました。
霊峰近くに湧き水あり、ここのは高千穂の峰からの水でしょうか。

霧島の七不思議もゆっくり散策して、
そして、たっぷり深呼吸をして、
すっかり浄化され、霧島神宮をあとにしました。

美味しい神話豚(霧島ブランドの豚)のランチを済ませ、
ちょっと早めだけれど、楽しみなお宿へ!
大事な目的には、温泉に入る、というのもありました。

お宿は「旅行人山荘」。
GWの、ヒメノさんの温泉浸かりたおしツー、の中で気になっていたお宿でもあり、
今回霧島への旅のキッカケになっている、
椿さんご夫妻のオススメのお宿でもあります。

この、見渡す限り、森の風景、
その中で柔らかい水晶のようなお湯に包まれて、
鳥の声を聞いて過ごしました。

2012:09:14 IMG_2649



本当に、温泉はもちろん、素晴らしいお宿。。。
ホスピタリティが隅々に感じられる、知的な空気漂う場所、
宿泊のお客さんも上品で、大勢泊まっているのに騒がしくないという。。。
教えてくださった皆さんに感謝です。
私の、大事な場所になりました。

夜には満天の星の下、
涼しげなセミの声とコオロギの合唱を聴きました。



翌朝、
心も体もリフレッシュし、
清々しく霧島アートの森へ向かいました。

今回の旅の目的でもある、
椿昇さんの展覧会へ。

2012:09:14 IMG_2668 のコピー 2

何か圧倒的に強いものに触れたい、
それが、今回の旅の一番の目的、
それは霧島神宮でも叶えられました。

そして、それ以上に、
椿昇さんの作品に、
しっかりと強く応えていただきました。


最初に、独特の緊張感とスケール感をただよわせて、
白い「MOONWALKER」が佇んでいました。
何度も写真などで見たはずの作品が、
全く別の、体温を持った存在感で訴えかけてきました。

やはり、実物を、自分の目玉で見ることが、こんなにも確かなことなんだ、と。

来て良かった、、、! そう強く思いました。


どの作品も、どの作品も、
細部から、全体から、エネルギーがほとばしっていて、
渾身の力が込められているのがビリビリと伝わってくる、
毒っぽさもただよう、
そこに圧倒されながらも、
その中に、何か、愛嬌に似た楽しさが感じられる、
パワフルでチャーミングな作品群。
(画像はポスターにもなったAesthetics Pollution :金沢21世紀美術館蔵)

2012:09:14 IMG_2672 のコピー 2

ほとんどの作品はとても大きく、
何もないところから始まっているとは信じられないほどの存在感。
一つの線で始まるスケッチであったり、精密な試作品があったり、
そこから、ひとの手で少しずつ形になっていく、
近くで見る作品には、体温や生々しい強い命が宿っているようでした。



「METAPOLICE」という作品、
たくさんの目が、まっすぐ前をみて、つぶって、を、
波が寄せて返すように、ザーッという音を立てて繰り返す作品。
無表情な目と、淡々と見つめ合っていると、
真実や、自分の奥底の心理、俯瞰でみたときの自分の存在感など、
色々なものが時空を超えていくように混ざり合い、
縛られていたものから解き放たれ、軽やかに、
大きな自由を手にしたような感覚になりました。

2012:09:18 156228_522795064401198_482991156_n


椿昇さんの展示会場を出て、
霧島アートの森の、広い敷地の中の展示作品も見て回りました。
緑の中で作品を体感できる、素晴らしい美術館。



椿昇さんの作品も、
霧島神宮も、
圧倒的な存在感でありながら、
威圧することなく、
エネルギーを惜しみなく与えてくれて、
心身のありようを整えてくれました。


こころから、深く、感謝。



美味しい空気、美味しい水、大きな森、
温泉も、鳥の声も、草花も、

そして現地の人の温かさにも大いに癒されました。
旅を仕事にしている人がいつも「九州は人が温かい」と。
今回で実感しました。


霧島の旅、
最上級のデトックス。



生き返った気分。
これからは、
新しい扉もどんどん開いて、
命のかぎり、渾身の作品を、楽しく、私なりに作っていこう。


さて、
素人のワタクシの個人的な感想ではない、
学芸員の前野耕一さんの解説つきで、
椿昇さんの作品がご覧になれます。
「"PreHistoric_PH" 椿昇展」(前野耕一さんの解説つきの動画)



最後に、遠いご先祖の西郷さんの言葉を。

人を相手にせず、天を相手にせよ。
天を相手にして、己れを尽くして人をとがめず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし。 (西郷隆盛)



九州、ほんと素晴らしい・・・・・amica site



にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ



edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 私のこと

霧島への旅(前フリ・・・) 

2012/09/16 Sun.

 
今年の春からか、
ふとしたキッカケで、
ずうっと、頭の中で整理がつかないことがあり、
モヤモヤとした日が続いていました。

そして、忘れていたはずの、
高校生のときのシーンが重なりました。


 朝、近所の友だちとバタバタ準備をして、自転車でギリギリに出発。
 一台の自転車、漕ぐのは私、友人は後ろに、二人乗り。
 (二人乗りもありだった時代。。。)
 高校まではゆるやかな上り坂を7,8分、
 友人を乗せて一生懸命息を切らして漕ぐ私。

 高校の正門が見えたとたん、
 朝の定時のお決まりで、ガラガラと重いゲートが閉まり始めている。
 これで締め出されると遅刻者扱い、
 さらに急いで漕ぐ私。

 が、ゲートが閉まるスピートが早く、急ぐ学生たちもそこに集中して混雑、
 どうしよう、と思ったそのとき、
 友人が後ろから降りて走り、自分だけゲートの隙間に滑り込んだ。
 自転車が通る隙間はもうなくて、私はゲートの外に残された。
 少しバツの悪そうな微妙な笑顔を見せたあと、彼女は校舎へ走って行った。


この話をどう見るか、人によって様々だと思う。
ちゃっかりとした憎めないキャラクターの子に拍手を送るか、
ズルイなあ、と思うか、私のことをドン臭いなあ、と思うか。。。
またはこれは偶然の、なんてことないシーンに思うか。
ただ、この立場が逆で、私が後ろに乗ってたとしたら、
ひとりでゲートを越えることはためらったと思う。


こんな話を思い出して、
今の自分がそのときとほとんど変わっていないことに愕然とする。

いまさら、その友人のような別人格になるのはカンタンではない、
自分のどこを探しても、我先に、という精神はない。
とはいえ、のんびりしていられる時代でもない。

その話から生ぶべきことは、
早く身支度をすること、次の準備をしておくこと。

そして、自分の人生は自分が主役であるということを、自覚すること。


当時は友人に腹を立てたけれど、
その生き方は間違っていないし、清々しいとさえ思う。
彼女は、自分のハッピーを最優先し、いつも陽気で、人に好かれる。


さてせっかく思い出した話、
学びのタネにして、モヤモヤを晴らすキッカケにしようと。
思いがけず、ウン十年も経って、ようやく消化するという驚き。

自分自身を見つめ直したい、
そして、とにかく、圧倒的に強いものに触れたい、
緑の中で、深く、ゆっくりと呼吸したい、


そう思い立って、
霧島への旅に出ることにしました。



(つづく)


HP: http://www.j-amica.com
facebook: http://www.facebook.com/amicaflowers
 
 





edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 私のこと

スタイル 

2011/01/25 Tue.

 
前回から更新が滞ったからか、
その、やまとなでしこというタイトルのインパクト?のせいか、

久しぶりにお会いした方から、
「フレンチスタイルじゃなかったの?」と。

普段お会いしている生徒さんや、
熱心にブログを読んで下さってる方にはご理解いただいていると思いつつも、
そういったお声もある意味あって当然かと思いまして。


ここで改めて、の話。

私の、自分にとっての花のスタイルについて。


(長文です、笑)


スタートは、紛れもなくフレンチスタイルでした。
その色合いや花合わせ、洗練された、そして、何より素材を贅沢に味わうこと、

それまでの「単なる植物好き」な自分が見てきた花たちが、
全く違った表情を見せて輝く、その新しさを感じたのです。
それが、1994年。

パリへは2度、また、パリからのフローリストのデモンストレーションを見たり、手伝ったり。
とにかく、それまでの花好きのうえに、新しい美しさに、どんどんと目からウロコ。
そして、自分の作るものの中にも、自画自賛ながら閃きと感動が生まれるようになる。
そんな、1995年。多分。

自分自身が思う、美しく魅惑的なもの、新しいもの、ワクワクさせてくれる素材、

何かしらの時代の流れや影響はあるにしても、

誰かの真似でもなく、どこかのネタを取り入れることもなく、

(いや、それはプロとして断然、恥ずかしいことだと思うのですが)


なので、何流でも何派でもなく、
自分が良いと思うものを、アンテナを張って全力で選び出し、作成し、提供する、
そんなことを続けて15年以上。

あえて何流かといえば、自分流。

こんな、やや横柄な表現、今だから、15年以上続けて来たから、
言えることかもしれません。



そして、これからは、さらに、もっと自由に。
年々、引き出しを増やし、奥行きも増し。掘り下げ、根を張り。


それに近いことが昨年12月に。
京都の由緒ある、国の名勝でのご婚礼。

101211kurose 035101211kurose 036101211kurose 042101211kurose 037


ここには普段、花屏風という花器が置かれ、お庭の花々が活けられています。
少し前に、美男かつら、古典菊を活けたばかりだった私は、
この、自然のしつらいにじっと見入っていたわけです。

10oct 066
101211kurose 016

私は遠くから取り寄せたっけ、、、この花材たち。

10dec 008

で、婚礼装花。
花屏風と、お二人のテーブル、
あえて洋花も混ぜて、和の空間に。

101211 018


終わってから、
その会場の、素敵な女性館長さんと花談義。
洋花がとても新鮮に映ったとのことで、お褒めいただき、、。
もし今後お庭にあるものでよければ、どうぞ、と。
そんな夢のようなご提案もいただいて感激しきり。。。
車じゃなければ、一緒ににごり酒をいただいたのですが、、、残念。。。

その館長さん、
様々なお花の流派の決まりごとから自由でいたいから、
花屏風というデザインの花器を考案されたとのこと。

このデザイン、昔クリスチャントルチュも作っていた試験管を連ねた花器、
その何十年も前からあった、モダンな和のしつらい。
この自由さに、共感した、そんな京都の一日。


私は、花を使って自分表現するタイプではなく。
ビジネスとして大きなヴィジョンを掲げているわけでもありません。

ただ、ある意味、単純に、植物が好きだと思います。
花に限らず、生命力にあふれた、草も実も、大きな樹木も、這って伸びる蔓ものも。

それを、これからも熱烈に追いながら、
その素材たちが生きる、
そして、その空間にも命が吹き込まれる、
それで、誰かが喜んでくれる、
そんな仕事を続けていきたいと思います。
スタイル、国籍、固定観念、
これからもどんどん良い意味で壊し、越えて、自由に。


今回も長くなりました(汗)・・・今のトップページは香りの良い花です。amicaサイト


blogmura.jpg

edit

CM: 10
TB: 0

page top

Category: 私のこと

京都と、篠山と、ときどき芦屋。 

2010/08/21 Sat.

 
異常な暑さが続いていますが、

どんな夏をお過ごしでしょうか?

少しだけ、夏休みをいただいたりして、

今年のこの季節を満喫して楽しんでおります。


その前に、花たちの画像を。

暑い季節も色々なご注文をいただき、
10aug 099a

定期の活け込みもあり、
良い汗を流しつつ、暑さに強い花たちを、活ける。。
10aug 143
10aug 088
10aug 165

この暑さ、最初に感じたのは京都、
久しぶりにお会いした夕衣さんと、ナニワの岸朝子こと、写真家のあさひさん。
ランチはリスタ・ジョルジオ・ピンキオーリにて。
俳句のお話を伺って、季節のある日本の味わい深さを改めて感じたりしながら、
良い薫りと、美しい盛り付けと、美味しいもの(&美味しいワインもw)を堪能。

10aug 15810aug 161

街をそぞろ歩きして、たくさん話して、
老舗喫茶で、暗くなるまで、またたくさんお話して。


暑さでは京都よりも篠山、
夏休みを涼しい古民家で、と思っていたのに、
なかなか、ここも暑かった、限界集落の丸山で滞在。
10aug 113

夜はデカンショ祭へ繰り出す。
盛大なお祭りと、夏の最後を感じさせる花火に見入る。
街じゅうの提灯や、下駄のカランコロンが、とてもロマンティックに思えたり。
10aug 120
10aug 127a

帰ってからも異常な暑さをニュースで知る。
篠山だけが暑かったわけじゃなかった。。。


さて暑い日は中華!だと思う!
六甲道のアムアムホーでランチ。
シェフの松本さん手作りのぶたちゃんが楽しい。

10aug 132

苦楽園のanjicoさんで朝食用のプレートを買い、

緑深いカフェでのんびりと過ごす。
これからの大事な話、オカシイ話、色々と、5時間ほど(笑)

10aug 136


ゆっくりと過ぎる8月もそろそろ終わり。
9月からはまたフットワーク軽く、西へ東へ。
婚礼が神戸に始まり、奈良、大阪、京都にも。

季節がまた移ろっていく、
ココロもときどき揺れながら、

新しく、見えた方向に向かって、力強く前進!



後半戦もツヤツヤで行きましょう!・・・・・amica公式サイト

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 私のこと

新しい仕事 

2010/06/21 Mon.

  
戦略、この言葉を使ったタイトルの書物が最近も多く出版されている。

こういうご時世だからこそ、しっかりと先を見据えて、

物事をしっかりと考えて、なのでしょうか。


人によっては、

交友関係もそれありきで作る人もいるし、

日々の行動様々なことが、明確な目的に向かっている人もいる。



業種は何であれ、起業となると、

普通に会社でお勤めをしている人よりも、

どうしても戦略的なタイプになる傾向にあり。

時には、そんなのが見えて、なんとなく息苦しさや味気なさを感じたり。



私自身は味気ないことは好きではなく、

やはり、思いっきり、日々、味のある交友関係を大切にしつつ、美味しいものをいただいて、

楽しくおしゃべりして、そして、ときどきちょっと、しだれ酔い、、、(笑)



そんな風にしていたら、新しいお仕事をいただきました。
とある、美味しいお店で隣合わせた方が、芦屋の某レストランのオーナーさん。
隣合わせだから、と、そのお店の大将が紹介してくださったのでした。

後日、お電話をいただいて実現した、
そのレストランの、ウェディングのお仕事。夢のようです。
レストランのオーナーさん、そして、紹介してくれた大将に、感謝。

10june 141a
10june 121a
10june 144a
10june 113a

今回はそのお店の初めてのウェディングパーティ、
そして、身内だけのこじんまりした内容で、とのこと。
ブーケをお届けすると、メイクさんを頼んでいないという、初めてのケース。
ということで、ヘアコサージュは急きょ、ワタシが、ヘアメイクさんの手つきを思い出しながら、
なんと、ピンが一本もない中、アレンジさせていただきました。。。


ふと、考えてみると、
今いただいているお仕事のほとんどが、
好きなお店に通っていたら、というもの。
もう、3年近く活け込みを担当しているお店も、そういうご縁でした。
今週はひまわり、モノトーンの店内に飛びきり映えます。

10june 095


自分がもっと戦略的になれば、何か結果が変わるのかしら。

いやいや、とにかく。

あああ、ワタシ、食いしん坊で良かった(笑)



さて、話は変わって、そろそろ本当に、「あしやいち」動き出しました。
昨年以上に、更にクオリティの高いイベントにするべく、
今朝のミーティングでは、詳細の役割分担を決めていました。

で、なんだか私が、
実行委員長の福原クンの次に名前が書かれていて、
「副委員長!」とか言われましたが、
これはもしや、「なにも専務」なお気楽ポジションか?などととぼけてみましたが、
実際は、色々なお役所的な手続きやフォローや調整役など、重要ポスト、のようです。


ガ、、、ガンバリます!

これも楽しみながら。


また詳細決まり次第、お知らせしますので、
お楽しみに。




ホタルと、七夕の季節、レッスンも色々と新企画、な・・・・・・・amica公式サイト

edit

CM: 4
TB: 0

page top

2020-02