FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 生活

オトナの温度 

2007/03/14 Wed.

前から気になっていた「かもめ食堂」を観た。
この映画は憧れのフィンランドを舞台にしていて、
そこには大好きなiittala(イッタラ)のうつわたちを始め、
テーブル、椅子、ランプ、ケトル、トレイ、などなど、
温かく無駄の無いカタチのものたちが登場する。

実はそれ以外には何の予備知識もなかったけれど、
この作品では色々なことが静かに淡々と、大切に描かれていた。


からだを動かすこと、

こころをオープンにすること、

美味しいものを丁寧に作ること、

人に作ってもらうと一層おいしいこと、

人にはそれぞれ喜びも悲しみもあること、

そして、人を静かに見守ること、



じわ~っとだけれどなんだか温かくなる一作で、
自分もすぐに何か料理をしたくなった。
そして、ふつふつと自分なりのヨロコビが湧いてきた。


心も体も健康でいられることのヨロコビ、

人の声に耳を傾け、見守ることのヨロコビ、

誰かをヨロコバせる、ヨロコビ、

自分の信じる道を進むヨロコビ、



そういえばこの間、
ある飲み会で大人のジョシたちの印象深い言葉を聞いた。

「キライと言い切るより、好きじゃない、と表現したい」
「誰も、人のことを裁けない」

どちらもそれぞれ深く、
何かしらそのことで痛みを味わった言葉ではないか、と思う。
感受性に色々なものを沁みこませながら、大人になる。

そして、モノを思う大人だからこそ、人には逃げ道を残す。
大人ならではの、温かさ。


桜の開花は少し先延ばしになったけれど、
確実に春がやってきている。

それぞれに、春風を呼び込んで、
それぞれの人に何かよいことが始まるといいなあ。

もちろんワタシにも(笑)


前々から探していた大きめのプレート、
iittalaのTEEMAのお皿と、Origoのマグ。
映画にも登場していて感激。

20070314153649.jpg



スクールのページが少しリニューアルしました。詳細はコチラ

20070314161333.jpg


パンは「おかわり」。 今日も元気な・・・・・amica公式サイト

edit

CM: 16
TB: 0

page top

Category: 生活

明るい年明け 

2007/01/07 Sun.

遅ればせながら、

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


2006年のお正月に続き、またお正月明けに風邪をひきました。
気が緩むからか、
慣れない&結構寝不足&ハードスケジュールだからか、
まあ、寝込むまではいかないまでも久々にのどがイガイガ。

では、どんな年末年始だったか、
書いてみましょ~う。


<12月31日>

芦屋市内某所にて餅つき大会。
その前に年末最後の配達を済ませる。

時間に少し遅れて行くと、
既に第一回目のお餅が完成、丸め作業に入っている。

一緒に行ったのはエミチさんと旦那さんのフレディさん、
私の姉とその息子たち二人、INさん。

次々に集まってくる、芦屋の名店の侍の方々。
私は女忍者らしく新たに正体を明かすことなくモジモジしつつ、
忍法餅つきの術、丸めの術などを控えめに披露。
美味しいものに囲まれて舌鼓。
感謝感激。。。

夜は正しく紅白の観戦(?)
和田アキ子の歌の歌詞、アンジェラ・アキの歌に涙。
そのあとに12chで放送された「美の壷」という番組に感動!
全部見たいくらいだったけどギブアップ、4時前に就寝。


<1月1日>

今年のおせち料理の出来映えに感激。
黒豆、お煮しめ、栗きんとん、卵焼き、どれも芸術的。
特に今回母が初挑戦した卵焼き、
はんぺんを細かく挽いたものが入ってるらしい。
お屠蘇、お雑煮も美味しすぎる。。。

午後、甥っ子たちとサッカー。
8歳と5歳、アナドレナイくらいのスピードと技術に驚き。
こないだまで赤ちゃんだったのにな。
マルセイユなんとか、が出来るらしい。
あっけなく息が上がり汗だく、翌日から激しく筋肉痛。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを聴く。
今年はズービン・メータさんが指揮。
ウィーンフィルとツーカーの長いお付き合いらしく、
随所にリラックスした楽しい雰囲気が。
お決まりの大好きな「ラデツキー行進曲」で今年の始まりを実感。


<1月2日>

ユズ風呂。
雨のこの日、チビッ子たちと海遊館へ。

20070107020334.jpg

20070107020300.jpg


夜、また「知るを楽しむ」という番組で、
情熱的に生きてる女性の特集(総集編)があって観る。
岸 恵子サンや佐伯チズさん、
以前よりも好きになった。
辺見えみりのコメントにしみじみ。


<1月3日>

ようやく初詣へ。
多田神社へ揃って、歩いて行く。
途中、下の甥っ子は宙返りし続ける。

20070107020807.jpg


途中の公園で、その甥っ子の逆上がりの披露。
5歳ながら連続で20回ほどぐるぐる回る。

20070107020922.jpg


ここで健康でスポーツ万能の母、ゴルゴも参戦。
一度試して「ブーツが重く」「手がすべる」ことで失敗し、
リベンジにブーツをおもむろに脱ぐ。(←驚)
手に少々湿り気を補給し再挑戦。

20070107021223.jpg

20070107021256.jpg


見事大成功!
見ていた私たちは拍手喝采(←というか大爆笑)
間違いなく、今年は明るい。
いいこといっぱいあると思う!!!
(使うとこないと思いますが、画像の無断転用しないでね、笑)

多田神社へ参拝のあと、
夕方は20年来の旧友、DちゃんとKちゃんと、
豊中のエスニックレストランTARTAN NADYでゴハン。
同世代の話って本当に面白い。
15年~20年先の話までしてちょっと笑えたけど、
案外あっという間かもしれない。

明日帰る姉と話す最後の夜とあって話は尽きず、
4時前まで芋焼酎のお湯割りで。


<1月4日>

初市。
どんなに曜日が移動しても、
一年の初めの花市場は4日と決まっているらしい。
荷が少ないとはいえ、
大切なお年賀アレンジのためにガッツ。


さあて、そろそろご注文も入ってきました。
来週からは本格的にスタートとなりそう。
体調も万全、充実の2007年の始まりです!

今年も皆様、どうぞよろしくお願い致します!

20070107023519.jpg



さか上がりが出来ずに前回りで目が回った・・・・・amica公式サイト



edit

CM: 25
TB: 0

page top

Category: 生活

最近の発見 

2006/10/11 Wed.

最近、チョコチョコと小さな驚きがある。
季節の移り変わりにふと気づく、ということももちろんだけれど。


たとえば。。。

自分の苦手分野は「ペット」
案外、色々なことに好奇心を持っているので、
それなりに色んな分野のお話を聞くことができる、と思っていたけれど、
ぽっかり「ペット」分野が抜けていることに最近気づく。

昔、住んでいた家の隣に、
ポインターを3匹も飼ってるフジマキさん一家が住んでいた。
フーガたち3匹は犬小屋の中で尻尾をバタバタ、息をハアハアいわせ、
夕方の時報や何かのサイレンのたびに恐ろしい遠吠えをし、
挙句の果てには逃げる小さな私を追いかけた。
フーガには遊びの駆けっこだろうけれど、
肩のすぐ後ろに見える顔、私は恐怖心でいっぱいになっていた。
多分、あれ以来、犬には極力近づかないことにしている。

そして、裏の家には猫が数匹いた。
ウチで大切に育てていたセキセイインコたちを、
次々に襲いにきては嫌な声で鳴いていた。
多分、あれ以来、猫を信用しないようになった。


人の会話の中で、
いつからか長~い名前のワンコの名前を聞くことが多くなった。
私に覚えられるのは「パグ」くらいが限界で、
普通に交わされるペット談義に全然ついていけない自分がいる。

なんと今の世の中、
小学生の数よりワンコの数のほうが多いらしい。
ペット向け番組、CHIMPAN NEWS CHANNEL(フジテレビ)も出来た。
ゴメスさんの司会、コレはかなり笑える。。。


打出に美味しいお惣菜やさんがある
よく通る道からすぐのところに、
それはそれは美味しいフレンチ・デリのお店があった☆
この情報は芦屋レッスンにお越しのKさんから。
いつもながらの確かな情報にありがたくガッテン*3!

20061010234353.jpg



大桝町の湧き水がすごく美味しい
すぐ近くにあるのに今まで一度も汲みにいったことがなかったけど、
透き通ったお味でとても美味しい。 お茶の味も当然変わるのでカンゲキ。
今度から芦屋レッスンのお茶はこのお水で淹れよう。


セレブという言葉にあっけなく弱い
細身の(スキニー)ジーンズを買いに行って、
ちょうど思っていたような感じで履き心地もよく、
ピタピタなのに試着室でスクワットしたくなるくらいの軽さ。
決めたっ、、、と、値段を見てビックリ!(ちょっと見るの遅いネ)
ジーンズの値段ちゃうやん、と、やめるつもりが、
「それ、ケイト・モスがはいてから有名になった、セレブジーンズなんですよ」
と可愛いお兄さん店員に言われてしまい、ナゼか購入。
アレ?可愛いお兄さんにも弱いことも当然発見。


3Kでの仕事は本当に楽しい!
3Kとは、メイクの久保木さん、カメラの河野さん、そして私。
決して怖い、汚い、きつい、では御座いません。
それぞれクオリティの高い職人であり尊敬できるアーティストであり、
よき相談相手であり、旅仲間であり、そしてライバルかもしれない。
他の2人に負けないくらい、イイ仕事をしよう、と思う。
誰かがユルイ仕事をするようになったら、このトリオはなくなるかも、
そんな風に思える、この幸せ。
写真は11月に3Kを召集してくださった方のメイクリハーサル。

20061010235407.jpg



色んな楽しいことを考えて、また明日もガンバロウ・・・amica公式サイト





edit

CM: 23
TB: 0

page top

Category: 生活

美へのあくなき挑戦 

2005/12/11 Sun.

今回は花のお話ではなく、タイトルそのままののお話です。

孫が五人もいて、世間的にはすっかり「おばあちゃん」なポジションの母ですが、
美と健康へのこだわりは人一倍強く、それに驚かされることが頻繁にあります。
姉とはときどき冗談で、

  「健康のためなら死んでもいい」くらいの勢い、と話しておりますが(笑)。


「あるある・・・」や「ためして・・・」系の健康に関する情報をコマメに取り入れ、
その手の雑誌、書籍は常に何か読んでいる。
まあ、今の健康ブームが起こる以前のもっと昔から、
ヘルシーな料理を心がけ、勉強をし、そのおかげで私たち娘は元気に大きくなった。
梅干や味噌やぬか漬けはやはり母の味が一番だと思う。

美に対しては、髪や肌に良いことを様々試みているし、
ヘアカットも遠方のコダワリサロンに1時間以上かけて通う。

さて
そんな母が先日、初めての韓国ツアーから帰ってきた。
お土産話を聞きに行ったところ、スッピンの母の顔がいつもと違う。
その違和感に私が「?!」となっている反面、母のどことなく勝ち誇った顔!

「ウッ!・・・」と言いかけた私に、
眉毛に入れ墨してん!」とホクホク顔の母。


私は言葉を失い、なんとコメントしてよいか、困った。
そうか、韓国のオモニの顔なんだ。。。

いやいや待って、垢すりはする、とは聞いていたし、
旅行のメンバーで徹夜でナポレオンをする、とも聞いていたけど。
「い、い、入れ墨って!?」


入れ墨、それは一般的には半永久のことでございます。
反対に眉の形は流行によって年々変わり、太くなったり細くなったり、
臨機応変にしてかねばならないものでございます。

なのにナゼ、優しいゴルゴ13のような眉に?!

他の部分のメイクをしていない、ということもあるけれど、
明らかに眉毛だけが一人歩きをしている感じ。
髪の毛の色とは全く違う黒々とした、勢いを感じるカタチ、
特に眉頭が強い意志を表現していて、眉尻もやや攻撃的。
それがそこはかとなくゴルゴな風情を醸し出している。


食事中、話題にはほとんど集中できず、
何度か話の腰を折ってはゴルゴの話になってしまい、
今更ながら、アイシャドウのチップで少し色とカタチをぼかしたらいいよ、
とかアドバイスしたりして。

そんな私とは対照的に、母はものすごーーーく上機嫌で、
「朝のゴミ捨てで眉書かなくていい」とか、
「目元がハッキリして若々しく見える」とか、
今回のチャレンジが大成功だと若干興奮気味だったりする。


そういえば、もう何十年も続いている母のナポレオンツアー。
昔のOL時代の仲間4,5人で、日本各地、ナポレオン&観光する旅行。
あくまでもトランプがメイン(笑)だそうで、
私たち姉妹はその楽しくて辞められない「ナポレオン」を何度か習ったのですが、
母の説明するルールは断片的で、本に出ているものとは違っているし、
あげくの果てには「言葉では説明できないルール」ということで終わる。
多分、そのグループの何十年の歴史の中で、
ナポレオンは様々な協議のうえ修正や簡素化や新しいルールも加え、
他の人には入れない世界になっていっているようでした。。。


さて、食事も終わり、帰る頃になると、
なんと不思議なことに、母の眉をすっかり見慣れて、
あろうことか「いや~、案外いいね」みたいな感じにまで。

「じゃあ今度一緒に行こうか!」と言われたけれど、
「フローリスト辞めてスパイに転身したときにね」とさすがにやんわりと断っておきました。



ゴルゴ13並みにイイ仕事します、
amica公式ホームページ

edit

CM: 7
TB: 0

page top

Category: 生活

歓喜のボジョレーパーティ 

2005/11/19 Sat.

なんだかしょっちゅうーティばっかりしているみたい。。。?

いいえ、今週はたまたま重なっただけです。

お世話になっている芦屋モノリスのスタッフ、
KM氏、KB氏のお二人が近々異動になるため、
その送別会をウチで開いたのでした。

ちょうどボジョレー解禁の日、寄せ鍋に合わせてをセレクト。

配達2件とヘアカットを済ませ、ヘアメイクの久保木サンとお買い物。
やはりお客様の日は「イカリスーパー」で。
新鮮な野菜、魚貝、お肉、そして美味しいポン酢も。

もう一人の主役?はRマリーのENKOさん
同業者ならではのウラ話はもちろん、
ここでは書けない世の中の広い世界のナニのお話など、、、。
そこらの芸人より爆笑を取れる話題満載でした。

勢いのある会社の、いつもイキイキしているKB,KMのお二人、
まだ二十代半ばながら着々とキャリアを積み、絶えず上昇している。
「10年後どうなってるっすかね~、また集まりたいっす」と話していたけれど、
10年といわず、きっと彼らの5年後はしっかり花咲いてるはず。

異論はあろうけれど、男30歳、ひとつの光を放つときかな、と。
ある程度のシゴトも遊びもこなし、社会にもまれ、自信も付けていく。
おお、まるで出来立てワイン、ボジョレーヌーボー
そこからまた10年、40歳が馥郁とした香りを放つ醸熟の世代。。。
その香りこそが男性一番の魅力、という、
その意見は久保木サンとも一致しました(あくまで30代女子の意見です)。

その意味では30代半ばのENKOさんはもう香り出始めてる感じ?
か~なり危険な香りも混ざっておりますが(笑)。
まあ、色々なにやらかにやらあろうかと思いますが、
その魅力的なお人柄でどうぞ乗り切って下さいませ。

宴会は7本のワインを空にしたところでお開き。
酔うと脱ぎやすいCHI氏も乱入したけれど、
今回はギリギリ無事で、
KB氏ときちんと食器を洗って帰るお行儀の良さ・・・。



まあ、ワインや男性について語るには私はまだまだ青二才。
いい香りが立つよう、まだまだ修行です。


街はクリスマスイルミネーション
近くのメゾン・アンリ・シャルパンティエもキラキラでした。



今日からクリスマスバージョンの・・・amica公式サイト



edit

CM: 2
TB: 0

page top

2020-02