amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 花のシゴト

世界のMOKUBAとプリザーブドフラワー 

2006/07/13 Thu.

先日、お世話になっている芦屋モノリスのKさんが、
飲み会の流れでウチへ来てくださった。

もうすっかり深夜だったのでお茶で終わり、となったのだけれど、
色々お話している中で、ふと、たくさん並べて掛けてあるリボンを見て、

「小さい頃、こんな風に自分の部屋にリボンをいっぱい並べるのが夢だった~」と。

ウチには、仕事柄アイボリーからサーモンピンク、レッド、
そしてこげ茶からブラックまで、
色のグラデーションで並べてある。

学生時代に絵を描いておられたKさん、
さすが小さい頃の夢も、アーティスティック。
たくさんのキレイな色に囲まれた部屋は、
さぞわくわくする空間だろう、と思う。


確かに「リボン」、女子にとっては(←もちろん、お目が高いダンシも)、
なんとななし惹かれる、特別で、キレイで、あこがれる感覚がある。
ウェディングドレスでもリボンのモチーフの人気は不滅だと思う。


リボンの発祥はフランスだそうで。
その染色技術やデザインのセンスはやはりファッションの本場ならでは。
また、ドイツにも毎年楽しいリボンを作り続けている「HALBACH」や「Da Vinci」
パッチワーク発祥の地アメリカ、NYにもメーカーはある。

だけど!日本が世界に誇るリボンメーカー、
MOKUBA(木馬)を知らずしてリボンは語れない。
その美しさにはため息・・・。
ショールームへ行った日にはついつい時間を忘れてしまう。

今やミラノやパリの一流ファッションデザイナーが、
こぞってショーでMOKUBAを取り入れている。
デザイナー渡辺敬子さん

MOKUBAの公式サイトは見当たらないのでないようですが、
私が以前聞いた話では、日本の西陣織りの技術と、
フランスの染色技術が合わさったメーカーだということでした。
だからか、ここのリボンのほとんどが「Made in France」になっている。。。


で!
そんな世界のMOKUBAを使って、
より高級感のある、上質なプリザーブドアレンジを作っていこうと思います。

プリザーブドフラワー・・・、
これのおかげで花関係のネットショップが驚くほど増えた。
プリザーブド、特殊加工を施した、2,3年はそのままの色合いの花。
生花と違って在庫を持てること、花の知識がなくても作れること、
確かにお手軽、ではある。

大好きな人、大嫌いな人、色々あると思いますが、
実際、生花を扱う側からすると、私も正直最初は興味ゼロでした。
お花の一番大切な「色」「質感」「フォルム」など、
どれを取っても生花には劣り、不自然で、製作意欲は生まれなかったのです。
実際、全く扱わないショップも多くあります。


だけど、生花を飾れない環境、事情の人は世の中には多くいて、
それでも大好きな花を飾りたい、という要望がある。
そしてもちろん、手間がかからないし長く飾れて嬉しい、という人も。
そんな方からのリクエストにお応えして、
今まではやや迷いつつもプリザーブドのご注文を受けていました。


しかし!!!製作に迷いがあってはいけない、
きちんとamicaのスタイルで、
プリザーブドに挑戦してみよう、と。
他に五万とあるプリザーブドのサイトの中から、
amicaを選んでくださったことに応えなければ。


・・・というわけで、次回のレッスンにもこれを取り入れます!
この高級で美しいMOKUBAリボンを使って、
amicaならではのプリザーブドに挑戦しましょ~う。

ご予約受付中!
(*7/25の芦屋教室は定員のため、締め切らせていただきました)

20060713195637.jpg



リボンがいっぱい、夢のようなアトリエ?・・・のamica公式サイト

トップページの写真が変わりました☆




関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 8
TB: 0

page top

コメント

わたしもファンです!!

MOKUBA大好きです。二重のオーガンジーにワイヤーを入れてプリザーブドにいれるとクリームみたいなんです♪画像楽しみです。(^^)

Floralai #- | URL | 2006/07/13 22:13 - edit

MOKUBA、私は初めて聞きました。
素敵なリボンですね♪レッスン、楽しみですe-267

angelique tomoko #O9Q6mr1Y | URL | 2006/07/13 22:52 - edit

思い出します

amica小山さん。こんばんは~
思い出しますわ、1年半前に小山さんに教えていただいたプリザーブドフラワー。
今でもリビングで輝いていますわ~

私が教えていただいたのはトピアリーでしたね。
今度は本格的なプリザーブドフラワーを学びたいです。

ミナミナ #- | URL | 2006/07/14 00:25 - edit

こんにちは☆
小山さんのプログ『へ~ふ~ん』なんて一人納得やら感心やらしながら読んでたら、横で薫氏除いておりました。
何事もプライド持ってきちんと取り組まれる姿勢とても素敵だと思います♪
HPの表紙めちゃめちゃかわいい~♪
私のタイプ的中です☆

ひろりん #- | URL | 2006/07/14 15:42 - edit

リボンの想い出

本当にリボンってなんだか使わなくても買って置いておきたくなる物ですよね~
私は高校時代に強烈にハマリマシタ!
黒のコンバースのハイカットの靴紐代わりに赤のギンガムチェックのリボンを通したり、季節によって長い髪にベルベットやオーガンジーを付けて通学しては生活指導の先生に「外しなさい!」とよく注意されたものでした・・・
あの頃は心斎橋の名前は忘れてしまいましたがリボン専門ショップで購入してました。
懐かしい~
今は先生のレッスン以外ではもっぱらラッピングv-25にしかしませんが・・・

MIHO #8gfOIHpU | URL | 2006/07/14 21:26 - edit

皆様へ

>Floralaiさん
クリームみたいなリボン・・・!
やはりいいアレンジは美味しそうなんですよね。
フレッシュさのないものでもなんとか美味しそうなの、挑戦してみます☆

>tomokoさん
そうでしたよね、こないだ、初耳という方が多くて、
ちょっとご紹介を兼ねて書かせてもらいました。
どうですか?ワクワクしてくるでしょう?

>ミナミナさん
わ~懐かしい、もう一年半も前になりますね!!!
すっかり私ったら根を下ろして、快適に過ごしてま~す。
これもミナミナさんのおかげ☆
またぜひ積もるお話しましょうね!

>ひろりんサマ
表紙、気に入ってくれましたか~^^
実はあれは以前ブーケを製作させていただいた花嫁さんの、
ご出産のお祝いのアレンジ。
ひろりん家のおめでたいニュースの暁にも
ドドーンと贈らせていただきます☆

>MIHOさん
リボン、私もポニーテールに付けてました!
それから色々なビーズを通した小さな安全ピンを制服に付けたりして。
結局風紀違反!で没収されてそれっきり。
あの頃からコマゴマ作っていたんだわ・・・。

amica #6ZS2/17k | URL | 2006/07/14 23:50 - edit

こんにちは。
実は、私は逆にお花にあまり興味がない方でして、その中でもプリザーブドは長持ちするし可愛らしいし・・・☆ってので興味がありました。このプリザーブドの存在のお陰でお花と接する事が出来ました。ところがセンセのところに通っているうちに…なんと逆に生花の方が好きになってきています♪
しかし、次回のプリザーブドの教室。都合悪くなりキャンセルしたのです(すみません。。)が、すごく残念!!やはり気になりますー(涙)
"MOKUBA"のリボンも知りませんでした。
次の皆さんのアレンジの写真が楽しみです~

*megmeg* #- | URL | 2006/07/15 20:57 - edit

>*megmeg*サン

コメントありがと~う。熱下がってよかったです^^
プリザーブドも生花もシルクフラワーも、
それぞれの使い道、生かし方がありますもんね。
どんどん皆さんがお花好きになりますように~☆

amica #6ZS2/17k | URL | 2006/07/17 23:04 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/59-3cec16ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11