amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 芦屋について

不思議な出会い 

2006/06/01 Thu.

長年生きていると、色々な出会いがある。
ここ数年、一生お付き合いしたいと思う、大切な人たちに出会うようになった。

10~20代にかけて、
私は人ギライ、集まることもキライ、
そして何より、自分のことが嫌いだった。

でもホントは自分がうまく表現できなくて、
自分で自分が納得いかなくて、
それで閉じていただけの、本当は強い自己愛の裏返し、
今になればそれがよく分かる。


今はおかげさまで自分を表現することが出来るようになり、
いつからかオープンマインドでいられるようになり、
そうしているうちに良い人たちに出会うようになった。


それぞれの人との出会いのドラマはまたおいおい、として・・・。


5月、母の日が終わったある日、
ちょっと京都まで行く用事ができた。
理由を話せば長く?なるのだけれど、
とにかく、ある方の作品展のお花を届けに行ってきました。

北大路から徒歩5,6分、で、目指すのは「うつわ屋めなみ」さん。
ここの二階で書と絵画の二人展が開かれていた。

お花をお届けし、作品を拝見し、帰ろうかとしたとき、
なんとちょうど?雨が降り始めた。
まいったなあ、と空を見上げていると、
うつわ屋さんの方が、奥からビニール傘を出してきて下さったのです。


「それなら・・・」とゆっくり器を見せていただくことに。
その道のことはほとんど無知で、いつも「好き」か「キライ」か。
ほとんど買う気持ちはなく(すみません)見せていただいていたのに、
そこにそれはあった。

あっ、なんか気になる、
なんだろう、このこそばゆい形と柄は。。。

うつわ屋さんのお話で分かったことに、
私が手に取ってしげしげ、じろじろ、眺めていたのは全て、
高島大樹さんの作品だったのです。


この作家さん、人気あるんですよ~、
買い出したらどんどん次が欲しくなるんですよ~、
ここまで聞いたら買いたくなるでしょう、うふふ。


うつわ屋さんにそう言われ、
普段はへそまがりな私だけれど、
その器にはひと目惚れ、「買いま~す!」となった。


帰ってからネットで高島大樹さんを調べてみた。

すると、、、

なんと私が以前から行きたい行きたい行きたい(それなら早く行こうヨ)、と思っていた、
芦屋のうつわクウさんで置いておられることが発覚☆
やはり、やはり、何か大好きなニオイがすると思ったら、
こういうことだったのかあ。。。。。。。
(いつも動物的な感じでお恥ずかしい。。。)

それから半月、まだクウさんへは行けてないけれど、
近日中にお邪魔する予定。 

写真はその、高島大樹さんのうつわ。

20060601004516.jpg

20060601004607.jpg


レッスンのときに、
お茶の器を全部高島さんの作品でお出しするのが夢デス。

あああ、何より京都へのお花、
玲さん、いつもありがとう、これからもヨロシクね。


花がドラマを呼び寄せます。。。amica公式サイト
6月18日は父の日デスヨ

関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 22
TB: 0

page top

コメント

こんばんわっ!
いつもお世話になっております♪
コメントをいれてくださって嬉しかったのです!!
わらび餅、食べられましたか?
私はすでにはまってしまいまして、
次の休みも原チャではしりますっ

asha本店店長 #- | URL | 2006/06/01 03:04 - edit

行ってみるわ

小山さん、早速行ってみます。
そして、器好きの母も連れて行きます~(かなり鼻息荒い私。興奮してます)

レッスンの時のお茶~。
小山さんの選んでくださった「レッスン後のお茶」は本当に美味しかったです。
きちんとお生徒さんのことを考え、丁寧にお菓子やお茶を選ばれている姿勢に感動してました。

>お茶の器を全部高島さんの作品でお出しするのが夢デス
↑頑張って下さいね~☆

ミナミナ #- | URL | 2006/06/01 10:25 - edit

うふふっ♥
いつもにも増して
動物的勘が働いてらっしゃるご様子w
すばらしいです♪
ほ~あの器は高嶋大樹さんという方の
ものですか~。
増えていくの楽しみですね♪


ひかるん #- | URL | 2006/06/01 11:36 - edit

素敵な出会いは本当に何歳からでもありますねぇ~
私はamicaスクールに参加させて頂き、また沢山のお方に出会えた事に
感謝です☆
器、いいですねぇ~
これはもしや、この前の教室で出していただけた器!?
(わらび餅…と言われたがとっても美味しかったお菓子がのっていた・・・)
可愛いお皿!と思っていたのですが、そうだったのですねぇ~
今後が楽しみですね

*megmeg* #- | URL | 2006/06/01 12:39 - edit

はじめまして!

Mixiの*megmeg*のところから飛んできました!
いとりんと言います~。
小山先生の作るアレンジも花束もとっても
素敵ですね~。先生のHPを見せていただいて
私もお花を習ってみたくなりました。
でも、自分でお教室を運営するのって、
けっこう大変ですよね?実は、私も自宅で
(明石)子供英語教室をやっています~。
これからも、日記、楽しみに見せていただきますね!
よろしければ、うちのサイトにも遊びにきてください
ね。

いとりん #- | URL | 2006/06/01 13:06 - edit

私も食器大好き。。

私も、食器大好きですよ。
私の御用達の店は、”やきもの いこま” とってもローカルで申し訳ないんですが、奈良の東生駒にあります。1Fがお店で2Fがギャラリーになっていて、いろんな有名な作家さんが展示会をしてます。
あの故土井勝と土井義晴の料理本には必ずここの食器が登場します。
なんせ近所なもんで、私が小学校の時からかわいがってもらってたもんですから、買いもしないのに、目の保養にと、展示会にお店にと良く足を運んでます。
奈良にお越しの際は、是非!!多分先生大好きだと思う。店から出られないかも(笑)

ピノコ #- | URL | 2006/06/01 13:25 - edit

いい感じですね

小山さんの「amicaの色いろ」、いつも楽しみにしています。
小山さんの表現者としての感性が、文章にもうまく表れていて、とってもいい感じですね。
10代、20代の頃の話、きっと多少は誰にでもあるのでしょうね。そして、今の自分のほうが好きになっているのは、その頃の自分に正面から向き合ったからではないでしょうか。
「ナチュラル」な強さや美しさが、今の芦屋の「くの一」には備わっているのですね、いつも文章を拝読してそんな感じがします。
これからも「ナチュラルな美しさ」に持ち続けてくださいね、ブログ楽しみにしています。

rei #- | URL | 2006/06/01 18:39 - edit

>asha店長!

毎度、お世話になっております!
先日は黒服でウロウロバタバタ失礼しました!

わらび餅、大好きなんです。
黒蜜ときなこ、両方派です。
これに温かい玄米茶、いいっす、いいっすよね。

またヨロシクお願いします!

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 20:24 - edit

>ミナミナさん

コメントありがとうございます~。
クウさん、HP素敵なんですよ、鼻息荒いの分かります。
このお店のことは、おでんの「楽ぜん」さんから伺っておりました。
今や芦屋の情報はこの「楽ぜん」さんから、と言っても過言ではありません!

いやあ、それにしても積もる話が積もってますので、
こんどjojo行きましょうね!!!

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 20:28 - edit

>ひかるん

私はだいたい嗅覚で生きてるのかも?
運転していてもわき見?チラ見?して情報収集しております。
良い子のひかるんは真似しちゃダメですよ。

それにしても、いやあ、ホント、色々楽しい種をまいて下さってありがとう。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 20:31 - edit

>*megmeg*さん

そうなんです、あのわらび餅、じゃなくて^^
なんだかわらび餅ネタが続きましたが、
あれはFeu(フー)さんのゴアというお菓子、
ホロホロしてなごみますよねえ。

私は人と人が出会うのを見るのが好きなので、
なんだかホント、最近すごく楽しいんです。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 20:37 - edit

>いとりんサンへ

コメントありがとうございます。
いとりんサンのお教室のHP拝見しました。
すごく温かい感じで、イラストも可愛いですね!
英語が楽しく勉強できそうで、私も始めたくなりました。(子どもレベルなのです)

いやあ、「先生」と呼ばれるのは全然慣れないので、
どうぞお気軽に、またコメントくださいね。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 20:44 - edit

>ピノコさん!

おおお、生駒ですか、なんと。
その高島大樹さんは奈良で作陶してらっしゃるので、
そのお店にあるかもしれませんね!
小さい頃から一流品を見ていたなんて、
いい環境ですねえ、ピノコさんの「静」の部分に影響大でしょうね。

それにしても「お控えなすって!」は大ヒットでした。。。^^

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 20:48 - edit

>reiさん

わわ、玲さん
またあのときの小汗が、、、。
その節は本当に二度に渡り、本当に本当に申し訳なかったです。
しかしなんという確率で、、、同じ人に同じことが、、、ありえない、、、。

あの日に、この出会いがあったわけです。恐るべしamica。

「ナチュラルな美しさ」とは、今一番言われて嬉しいことかもしれません。
ちまたにあふれる「自然体」というコトバと自分は無縁だと思っていたので。。。
その第一歩に玲氏は深く関わっていると言えます。

褒められたから言うのではありませんが、
玲さんの文章、やっぱり「気」が込められてますね。
バスっと届きました。
(また動物的な擬音でスミマセン)
今度ラッフィナートさんでバスっとディナーご馳走します!

オトコマエ玲さんの空手とグルメのブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/reihorikomi/diary/


amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 21:03 - edit

うつわ屋めなみさん、私も随分前に訪れたことがあります。
とっても素敵なお店でした。結局、何も買わずに見せて頂いた
だけですけれど・・・。購入された器も、ステキですね☆

素敵な人たち(物たち)との出会いって、いいものですねv-254
動物的な勘・・・なんとなく分かるような気もします。
私も鍛えなければ~!!

angelique tomoko #O9Q6mr1Y | URL | 2006/06/01 21:56 - edit

>tomokoさんへ

そうなんですね、うつわ屋めなみさん、有名なお店なんですね。
こじんまりしていて、アットホームですよね。

私が購入したものは、「ガラス釉」というのか、
つるんと光っていてヒビみたいなのが入ってるのです。
私は陶芸したことないのですが、すごく温かみのある形と手触り、
そして絵柄。 作家さんの郵便番号だとか(笑・・・全然読めません)。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/01 22:26 - edit

素敵ギャラリー大好き

うつわクウさん行ったことないですけど、いつものようにHPはガンガン見てチェックしてました。
私も料理をするようになってから、素敵なうつわが欲しくて色々探すようになりましたが、中々作家物というのはお高いですよね・・ 
あ、これ素敵!でも二つ買ったら、、、てな感じで中々買うにいたりません(T-T)
小山先生のように動物的直感!で、コレ今買わないとダメだ!という物にめぐり合った時は・・・カードローンで買おうかな(笑)

mayupo #- | URL | 2006/06/02 10:14 - edit

大樹桟の、器、アップにしてみて、思わず
かわいい~~~っと声に出てしまった
出会い、、、やなあ

素ちゃん #- | URL | 2006/06/02 21:10 - edit

>mayupoさんへ

お高いデスよね、確かにね・・・。
なかなか人数分揃えるというのは勇気?がいりますね。
そのうつわ屋めなみさん曰く、高島さんは人気のわりには
お手ごろなんだそうで。。。

盛り付けるとイイ感じになる鉢、というのがいいかも~。
何かの記念日にね^^

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/02 23:10 - edit

>素ちゃん

この器、なんだか野菜料理が合いそうなんだよねえ。
きっと素ちゃんの料理も映えると思うなあ。
自家製の有機野菜だもんね!

いや、ホント、今度ゆっくり芦屋散策しようね!

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/02 23:12 - edit

こんにちは☆
以前お家にお邪魔したときに出してもらったものですよね♪
彼と帰りながら、『あのお皿瓦みたいな曲線いいねえ』って言ってたんですよ♪
新婚旅行から帰国したのでお土産片手に(大した物では無いですが・・・)
またお邪魔させてもらいますね☆
陶器増えてるのも見せてもらいに・・・。

ひろりん #- | URL | 2006/06/04 17:05 - edit

>ひろりんサン

コメントありがとうございます☆
ご旅行いかがでしたか?

確かにあのお皿、瓦みたいな感じですよね。
多分作家の方はものすごく器用で繊細な方だろうと思います。

この間は時間も時間で、ゆっくりしていただけなかったので残念でしたが、
今度はまどろみミュージックなどかけながら、お茶しましょう^^

お待ちしておりま~す。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/06/06 20:03 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/51-c5ec3551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07