FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 花のシゴト

フレンチスタイル・・・? 

2006/03/08 Wed.

今、全国のお花屋さんで主流のスタイルとなっている「フレンチ」。
お花をギュッと固めた感じの、人気のデザイン。

私が花を始めたきっかけも、そんなデザインのブーケをもらってから。
それまでいただいた様々な花束のどれとも違った、
新鮮な色あわせの、丸い、ボリュームのある、ブーケ。

その、目からウロコのブーケをもらってから13年、
今では雑誌「花時間」などで全国の花屋さんが紹介されると、
そのほとんどがその丸い感じのブーケを作っている。

ここだけの話、
アレンジメントでもブーケ(花束)でも、
実はそのギュッと集めるスタイルは技術的には簡単wだったりする。(ナイショだよ)
そのためか、デザインが売りのシャレた花屋さんでは、
「センス重視」でお花未経験の人をも採用したりしている。
そのためにきちんとスパイラル(花束の組み方)になっていない、
ブーケも見かけるようになった。
でも。スパイラルに組まないと、花同士に空間のゆとりがなくなる。

アレンジメントに関しても、
とにかく色々な花を一緒に合わせて、
ギュギュッと空間を埋めたものが多く、ちょっと花が息苦しそう・・・


花は市場では当然みんな「切花」になっている。
でもその前はそれぞれの環境で根っこのある生活をしていたはず。

ここでちょっと想像してもらうために例え話、
宴会を企画するのに、
        相性の良い同士、
        悪い同士、
        楽しくて誰とでも打ち解ける人、
        自己主張が強くて中心じゃなくちゃダメな人、
        ギラギラしてやらしい感じの人、
        いつも一人でチビチビ飲む人、
そんなメンバーがいたら席順などには気を使う。

花合わせもそれと同じで(やや強引)、
やはりそれぞれの花のキャラクターを知らなければいけない。

そしてよくキャラクターを知るためには、
根っこの時期のことも知っておくと尚よい、と思う。
見かけと本当の姿、両方を知ることになる。
そして何より、花が心地よいと感じる通気性空間水の量など、
その他モロモロを知ってからアレンジすると息苦しさからは解放されるのかも。

根っこを知らずして花は語れない、と思う。
今日紹介する有名なこの楽しい本、
季節と密接に関係する植物との時間が、
面白く、ナイーブに、時にはシュールに描かれています。
花がどんな風に育っていくか、
根っこのある花を身近に感じてほしいです。
ちょうど今からの時期は楽しいのでオススメ。
3月なら3月のページから。。。



それから、土のことが分かってきたら、
毎日の生ゴミから「土中堆肥」というのを作って、
是非是非野菜にも挑戦してほしい。
これは本当に感動的で、
土に埋めた生ゴミも、約二週間で美しい黒い土になる。
まるで魚の骨のように、メロンのスジスジだけが残っていたり、
土が本当に生きていると感動できます。
この土で出来た野菜の自然の甘み、味の深さ。。。
野菜嫌いのお子さんがいる方、特に挑戦してみてくださいね。





花たちが呼吸している(笑)?・・・amica公式サイト









関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 13
TB: 0

page top

コメント

前回おっしゃってた根っこの話ってこのことだったんですね。土も生きてるって当たり前のことにすごく感動しました・・・。うちの庭に夫が作ってくれたベジタブルボックスがあります。今はハーブが少し植えてありますが、去年の夏にはレタスや
あさつき豆などを植えて育ててました。今年はそこにナマゴミを入れて、土の変化を感じながらガーデニングに挑戦してみようと思いますv-298

はるちゃん #- | URL | 2006/03/08 06:12 - edit

初めまして、以前から楽しみに拝見させていただいております。
ねっこの話し、とても共感しております。私はアレンジを自宅で教えつつ、いけばなの勉強をしているのですが、
いけばなでは野に咲く姿を知っているのといないのとでは、全然違うのです。
アレンジの生徒さんにそのことをわかってもらいたいなって思うのですが、なかなか難しい面があります。
確かにフレンチスタイル、おしゃれですが、私も街の花やさんを見てはセンスだけで勝負しているところが多いなと残念に思っています。
いつもamicさんのお話、お勉強になっています。
これからも楽しみにしております。v-254

millefleurs #xSESiBUk | URL | 2006/03/08 09:52 - edit

早速!!

本を買って勉強したいと思います。。お花も野菜も好きでよく育てていますが...まだまだでございます.....(当然ですが)
春から我が家のベランダに虫と格闘している、私と息子!!

ニーマ #- | URL | 2006/03/08 10:45 - edit

名言!

「根っこを知らずして花は語れない」
名言だ!納得です。
それぞれのお花のキャラクターを知り、個性を活かす。
ちゃんと覚えておこう☆
これって子育てにも当てはまるのかも。(経験ないですが)
先日、スパイラルブーケの練習を家でしてみましたが難しい…
手がつりそうになる^^;

ryoco #Ng57qFbk | URL | 2006/03/08 13:10 - edit

はじめまして?

フレンチスタイルの件は、耳が痛いです。
あのスタイルでしかも、花が一つ一つきれいに見える。理想ですが、果たしてどこまでできてるか..
9割の技術で 1割のセンスをかたちにする。これは持論ですが..ぴりりとしたコメントためになります。
これからも楽しみにさせていただきます。

ドゥジエム/山村 #- | URL | 2006/03/08 22:24 - edit

皆様へ

>はるちゃん

ガーデニングの国からコメントありがとうございます。
旦那サマのベジタブルボックス、いい響きですね。
やはり特別なことではなく、日常の一部になっている感じですね^^
ご存知かと思いますが、生ゴミは直に入れると根を傷めますので。。。
色々育てるとミミズがいとおしく感じられますよねえv-22

>millefleursサマ

いやあ、プロの方もご覧になってるんですよね(汗)。
そうですよね、おっしゃるように、
いけばなならなお更、特に花が自生しているところを見て、
その咲き姿や風情を感じたほうがいいかもしれないですね。
色々なデザイナーの本を見るのもいいけれど、
自然に学ぶのものは五感使いますもんね~。
また貴重なご意見をお待ちしておりますv-91

>ニーマさん

親子でガーデニングなんて楽しいですね。
ベランダの虫、茶色い芋虫ならヨトウ虫かな。
夕方から出てくるので、出てきたらお箸でつまんでやっつけてくださいね。

>ryocoさん

子育てと花育て。。。
よ~く観察して、栄養を与えて、かまい過ぎずに、見守る、というところ?
スパイラルはふとした瞬間に体得するもののようですので、
焦らず、またいつかみっちり特訓しましょう^^

>ドゥジエム/山村サマ

ようこそ、お越しくださいました。
コメントありがとうございます。
ミクシィや某ブラック(笑)サイトから、
ドゥジエムさまのことは存じ上げておりました。
そよ風を感じさせるサイト、ブーケやアレンジ、
きっとさぞ繊細でマジメで優しい方なのでは、と想像しております。
またどうぞお寄りくださいね。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/03/08 23:28 - edit

どひゅん!

「根っこ」のお話は
まさにわたしの悩みのツボに、
どひゅんっと突き刺さります。
アレンジメントを習って数年たちますが、
お花の形は習えても、
(スパイラルもままなりませんが、、、)
特に、自分でやってみようとしても、
花合わせがわからないのです。
おすすめの本読んでみたいと思います。
早く根っこのある人間になりたい~。
っと特に思う今日この頃です。

ひかるん #- | URL | 2006/03/08 23:34 - edit

早速、無農薬で育てる野菜・・・の本クリックック!
届くのが楽しみです。
子供に対して彫刻家でなく、園芸家であるようにッときいた事があるのですが
自分の思ったように形作るのではなく
その種の育ちやすいように、フォローするという事だそうです。
フーケ作りは、どうやら、その中間ってことなのでしょうか
自然のもの相手の仕事は、奥が深いでしょうね。
花や、鳥、むしなんかを観てると、その色、形の完璧な美のバランスに驚く事が多いです。
こんなときつくり主は、神様なんだななんて
ちょっと、謙虚な気持ちになります

素ちゃん #- | URL | 2006/03/09 12:22 - edit

(*^_^*)ゝ毎度!

確かにフレンチスタイルは、簡単シンプルだけど、色合わせがハートを鷲掴み(笑)そう、私もフレンチスタイルに魅せられた一人です。。

園芸の本面白うそうですね。私の根っこも育ててみようかしら・・・・

ピノコ #- | URL | 2006/03/09 15:12 - edit

私も早速!!

園芸家12ヶ月、買っちゃいました。次のブーケのクラスまで読めるかな~。読み終わって臨むレッスン、何か変化があったらいいのですが。。。‘むこゆかちゃん、一皮剥けたじゃん。’って。そんな一朝一夕には行きませんね。。。


むこゆか #- | URL | 2006/03/09 19:57 - edit

皆様へ2

>ひかるん

いやあ、色々合わせてると、
中には「そいつとは一緒にしないでほしい」とか、
「あのコのとなりがいい」とか、
花が教えてくれます^^

>素ちゃん

おおお、購入しましたか!
あの黒いふわふわの土(堆肥)が出来上がるのは
なんとも楽しいですよ。 お米のとぎ汁もまいてね。
神様は本当に偉大なデザイナーだと思います。
ちゃんと花の色に合わせて葉の色や形も合わせてらっしゃる。。。

>ピノコさん

バリバリ強い根っこ、育てて伸びてるじゃないですか。
ピノコさんの周りにはワールド広がっていて、
ぐんぐん水を吸い上げてますよ!
関係ないけど、「ユー・レイズ・ミー・アップ」よく流れてますが、
やはり泣けます。。。

>むこゆかサン

おおお、むこゆかサンも買いましたか。
この本、すっかり植物の気持ちになれるので、
きっと次の作品はドカーンと変身している、はずwww

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/03/10 23:41 - edit

園芸12ヶ月、買ってみようと思います!!
今年楽ぜんの植木さん達は繁々と葉を保てるだろうか・・・。
オンシツコナジラミに勝てるだろうか・・・。

素人目に「わぁー綺麗!」と思っていているものでも
「?」な作品は沢山あるのでしょうね。
どこの世界も同じですね。
選ぶ側も目を養わないと・・・
だからこそ沢山の「良きもの」に触れる事が出来る
芦屋は素敵ですね!!

ぴよこ #- | URL | 2006/03/12 13:45 - edit

ぴよこさん☆

書き込みありがとうございます。
オンシツコナジラミ・・・、室内で発生しやすいアレですね。。。
暖かくなったら、ですが
お休みの日ごとに外の空気に当てるとよいみたいですね。

先日はご注文ありがとうございました。
センセイによろしくお伝えくださいませ。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/03/20 00:29 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/40-11968114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-07