FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 花のシゴト

ハマり役 

2010/07/13 Tue.

 
大好きなクレマチス、

和名テッセン、


どのクレマチスも大好きだけれど、

その一つ、ジョセフィーヌが、今日、

定期でお花を活けているお店にピッタリとハマった。

(ケイタイ画像ですが)
100712_1755~01a

清楚さと、妖艶さと。

繊細でいて、ふくよかな風情。

しだれた感じがなんとも女性的。

この、深い墨の色の、直線的な空間に、妖しく甘いオーラを放つ。

お店の大将にも喜ばれ、花も、私も、みんな嬉しい。

こんな風に、ピタリと、季節の空気と空間を調和させるように、花を飾りたい。


ハマり役で思い出した、

少し前にNHKドラマの「ザ・チェイス」で主役を演じていたARATA氏。

アラタ、ですが、古田新太ではありません(笑)


photo07_05a.jpg
img_photo1.jpg
img_photo4.jpg
(画像は「ザ・チェイス」のサイトと、所属事務所サイトより)

この人の、不思議な無機質感というか、

体温の低い感じ、孤独感、その「ザ・チェイス」の村雲修二がハマり役でした。

あまりジャニーズ系や一般的なオトコマエにココロ動かない私、

謎めいたこの人がなんだか気になりつつ、クオリティの高いドラマにも引き込まれつつ。


このARATAさんを見ていて、

ふと、昔大好きだった舟越桂氏の彫刻を思い出しました。

skulpturen20und20zeichnungen-big.jpg
(画像は舟越氏の公式サイトより)

クスノキを彫っているのに、この冷たい感じ。

ARATA氏になんとなく似てませんか・・・?


舟越氏の作品の、不思議な表情にも、毎回引きこまれる。。。

昔買った作品集、「森へ行く日」をひっぱり出し、

雨の夜を過ごす。

梅雨明けまで、もう少し。



<追記> 好評につき「ザ・チェイス」は二回目の再放送が今月31日にあるそうです。


スタッフ、随時募集中。詳しくはこちら


今度の連休はウェディング・・・・・・・・・amica公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

No title

ほんとだ・・・
船越氏の 彫刻みたいな人。。。

で 嘘ついたら鼻のびるんでしょ?
おじいさんとクジラのおなかの中で暮らしてるんです。。。

ちいち #- | URL | 2010/07/13 09:52 - edit

No title

ほんまや~・・・
あの人の彫刻そっくり・・・

船越氏の彫刻がすごく好きと私にいったのは
ちょうど去年の台湾行きの飛行機の中って覚えてるかい?w

えみち #- | URL | 2010/07/13 10:29 - edit

No title

クレマチスといえば
もう俺の中では、潤子さん!
てことになってます。(笑)

あのときのクレマチスほんと真夏の夜の夢みたいでした。
野性味と妖艶さと、脆さと。

船越桂さん
ご本人もかっこいいんですよねー。
あんなふうにアーティストとして完成されていきたいものです。

honey-T #- | URL | 2010/07/13 11:44 - edit

No title

素敵なお花だこと。
本当、なんともしだれ具合が、女性的です!!
しっぽり来てますね。

モリニシ #- | URL | 2010/07/13 17:26 - edit

No title

似てる、似てる~!!!www

パリでもJSTVという日本の放送番組でチェイスがやってて我が家も見てました。

このARATAさんがバスローブを着ているシーンで、すね毛がないツルツルの足を見て「やっぱりね。この人にはすね毛は似合わない。」と思ったのをふと思い出しました。

きよみ #QNjftStU | URL | 2010/07/13 19:00 - edit

No title

ARATA氏の写真を見ながら、、舟船桂に似てる!!
と、思ってマウスをぴちぴち動かして
下を見ると

!!!

な~んか、ものすごく、うれしくなった

そして、一緒に聞いた、ごんちちやら、
ホール&オーツやら、デッドアライブ、スティング、思い出し

記憶は更に、さかのぼり
なぜか、辻村ジュサブロー
南総里見八犬伝
脈絡なく。。。。

舟越さんのように
白いシャツを着こなす人に出会いたいなあ



moto #- | URL | 2010/07/13 23:37 - edit

>ちいち☆

ちいちのコメント、別世界へ連れて行ってくれる、
そういうお話が実際あるの?
だから、ではないと思いますが、
さっき、うたた寝したら、すっごくリアルでシュールな夢を見ました。
不思議な怪物をやっつけるという。。。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/07/14 02:32 - edit

>えみち☆

えっっ全然覚えてないw
あの、行きの飛行機ではものすっごくしゃべって、
空港でのモーニングからすっごく楽しかった記憶があるけど、
舟越氏のことまで。。。て、なんでその話になったんだろう。
あのフナコシ氏とは違うよねw

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/07/14 02:34 - edit

>honey-T さん☆

去年のクレマチス、、、なんとも言えません。。。
でもあれを組み上げるとき、何かが降りてきた気が。。。

舟越氏は銀座の画廊で一度お会いしましたが、
くりくりの眼が印象的でした。
特集番組で、作品づくりにはラジオの気象情報を流しているとかで、
言葉のリズムが心地良いのだそうです。
私も一度集中するときに流してみようかな。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/07/14 02:37 - edit

>モリニシ君☆

しっぽり、良い言葉ですな。
男性にはあまり使わないですね。
このような、大人の女性になりたいものです。
そんな、ジョセフィーヌ小山です。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/07/14 02:40 - edit

>きよみさん☆

パリでも放映されたんですね、
コワイくらいぐいぐいくるドラマでしたね。

確かに!ARATAさん、すね毛似合わない(笑)
逆に、あのツーブロックのヘアスタイルが似合い過ぎてましたね。
この爬虫類な感じ、ギリギリでいいなあと。
調べるとこの方、いつもギリギリな役ばかりのようで。。。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/07/14 02:43 - edit

>motoちゃん☆

>辻村ジュサブロー 南総里見八犬伝

私もつい先月あたり、なぜか思い出してた!
あの美しくて不思議で怖いような世界観、
子どもには刺激的だったね。今はああいうの、無いのかな。。。

色々と思いだすね、六本木のつた館とか、台南ターミーとか、
四谷のセツの坂とか、インクスティック芝浦とか(笑)、パザパとか。

舟越さんの作品集、やっぱり大事にしてて良かった。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/07/14 02:50 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/259-80122c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-08