FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: コレおすすめ

ボレロと運梯(うんてい) 

2010/01/18 Mon.

 
前回、玉置さんのことを書いたら

すっかりドン引き?されたようで「らしくない」とまで言われた私です(笑)

では、誰のことを書けば、私「らしい」のかしら・・・?


そんなことを考えつつ、最近、ふと思いついて公園で続けている運梯の練習を。

いや、運梯どころか、ぶら下がりさえ10秒でアウトだとは、

自分の体力のか弱さ、というか、衰え(・・・)にガクゼンとしたのと、

これではファイト~一発、というシーンであっけなく谷底へ落ちてしまう、と、

色々な意味でも、以前は得意だったはずの運梯を日々少しずつ思い出すために、

ぶら下がり健康法←昔あったような、を続けているのです。

(ただし、人目につかないタイミングで、笑)




それはさておき、

日曜の晩は日曜美術館のあとに「N響アワー」という番組がありまして、

昨日はガーシュインとラヴェル、ストラヴィンスキーの特集だったのです。

オープニングにはラヴェルの「Bolero」、
ガーシュインに出会って書いたとされるそうです。

この独特のメロディと構成が本当に癖になるんですが、
ふと、この曲を聴くと思いだすことがあります。

ご存知の方はいらっしゃるかもしれませんが、
昔、フィギュアスケートのアイスダンスでこの曲が使われたんです。


とある方が、



「トービル・ディーン組でしょう」



と即答、私もそうそうそうそうそう!!!と大喜びしたもんです。
そういうの、すごく嬉しいですよね。


いつのオリンピックか調べてみたら、
なんと、今から26年も前、1984年のサラエボオリンピックでした。


私は、当時、ざっくり、子どもですが、


その演技に、まるで雷にでも打たれたかのように、
身動きも出来ずに見入って、すっかり引き込まれたのを覚えています。


おそらく、「Bolero」を聴いたのもそれが初めてだったと。


アイスダンスに限らず、
フィギュアでは3分以上の長い演技になると、
様々な趣向を凝らすためにも途中で曲調を変え、
見る側にも飽きないように演出するわけですが。

でもその演技、
ボレロだけ、全編、ボレロ一色です。

同じリズムと旋律が繰り返され、
次第に高みへ登っていくような構成。


アイスダンスはロシアのチームが、
その強いバレエ色からも印象的なのですが、
このトービル・ディーン組はイギリスのペア。
ロシアのペアとは違った、独特の気品ある雰囲気、動き。
そこには、大人の男女の情愛が語られています。



ご覧の通り、芸術点で満点を。歴史に残る演技です。
Youtubeは素晴らしい。

そしてなんと、このペアは2006年にも何かのイベントでボレロを!
多分、お二人とも50歳目前です。



やはり日々の鍛錬ですね!


私は引き続き、公園でぶら下がります(笑)




続ければ記録更新するものですね。というか、今日は「らしかった」かな・・・・・・・amica公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 12
TB: 0

page top

コメント

ヽ(^o^)丿

そうそう!このアイスダンスの演技があまりにも素晴らしく、あまりのも完成され、あまりにもみんなの印象に残ってしまったので、この後何年もの間、フィギュア界ではこの曲を使って演技する人が出てきませんでした。
確かその禁を破ったのが、、、村主だったような・・・・。

ピノコ #RtNpiJ3M | URL | 2010/01/18 06:09 - edit

玉置氏の日記、ドン引きもしてなきゃ~
「らしくない」ことはなく逆に
amicaさん 「らしい」と思ったよ・・・

愛なくして生きられないのが人です。
私も50・60喜んで ボレロ踊れますように♪

壮絶な思いがあって今の幸せがあるそういう
オクタマもいるのですわ。。。

ちいち #- | URL | 2010/01/18 09:36 - edit

フィギュアといえば

ジャネット・リンの尻餅姿!
@70年札幌。
(歳が~年代の差が~ 笑)

子供のころは
テナガザルみたいに反動つけて3、4段(というの?)
くらい飛ばして、前に進んでいってたウンテイ。
10年くらい前にやってみたら
前にも後ろにも全く動けず、すっかりナマケモノに。
いや、そういったらナマケモノに失礼。
彼らはあれでちゃんと動けますし。(笑)

でも、なんでウンテイなのかすごく気になります!(笑)

honey-T #- | URL | 2010/01/18 10:47 - edit

ハミル
私も、ハミルカットしてたよ~~。

トービル、ディーン組!!
この映像を見て思い出した!
私も、釘付けになった思い出が・・・。
あの、コスチュームのデザインがまた、素敵で
えに描いてたの・・・。
20年も前の映像が見られるなんて、すごいね。
50歳目前の映像も、すばらしいね・・・。

ウンテイ・・・
何で、手のひらがしわしわになって
固まっちゃうんだろね
昔はそんなことなかったのに。



moto #- | URL | 2010/01/18 15:21 - edit

「ボレロ」と聞くと若い時に見た映画「愛と悲しみのボレロ」しか思い浮かばない発想の貧困な者ですが、エッフェル塔をバックに踊るジョルジュ・ドンの姿が同性でありながら、艶めかしく強烈なシーンとして目に焼き付いてます。
さて、運梯の件ですが妙齢の美女が運梯にぶらさがってる姿はかわいいでしょうね。今流の言い方をすれば萌えキュンといったところでしょうか。
この前、公園の運梯に足を引っ掛け、腹筋をやってると、見も知らずの中学生の男の子に「おっちゃん、やるじゃん。」と言われ、思わずにやりとしてしまいました。(恥)

春太郎 #- | URL | 2010/01/18 19:05 - edit

>ピノコさん☆

やはりあなたはご存知ですわね☆
本当にこの演技、素晴らしかった。。。
その禁を破ったのが村主さん、そうですね、
あの方も、スタッフの方も、そんなチャレンジャーな気配ありですもんねえ。
バンクーバー五輪ではまたどんなドラマが待っているかしら☆

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/01/19 01:00 - edit

>ちいちい

50、60喜んで、の地井さんですね、
いやホント、私もいつまでもボレロ踊りたいです。

ちいちの、ちょっぴりの言葉の中に
ギュウギュウ何かが詰まってますね、
ありがたいです。
白味噌仕立てな感じで、明日からも沸々と。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/01/19 01:07 - edit

>honey-T さん☆

んもう、皆さん、優しいったらもう。
コメントありがとうございます。

ナマケモノには失礼だけど、
まさにナマケモノみたいな感じ!(笑)
ぶら下がったっきり、力なく、動けない!

なぜ運梯か、というと、深い意味は全然なくて、
ウチの前の公園で、子どもたちが日々、軽々としているのを見て、
ふと、日が暮れてから、気分転換に、気まぐれに、ぶら下がって、
なのに、あっけなく落下・・・。
でもジャネット・リンみたいにはならなかったような?(笑)

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/01/19 01:12 - edit

>もとちゃん

ハミルカット、、、(笑)記憶の奥にあるような、
でももっちゃん、似合ってたよね、確か。

このペアのコスチューム、
すっごく目に焼き付いてて、
白で後の腰のところに水色のリボン付いてるのとか、
やっぱり一生懸命見てたのもあるし、
それくらいインパクトがあったってことよね。

運梯、最初は10秒で落下だったけど今は30秒(笑)、
まだぶら下がるだけ、だけどね。
それでも身体の色々なところが伸びて活性する感じがしますよ~。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/01/19 01:18 - edit

>春太郎さま

コメントありがとうございます☆
「愛と悲しみのボレロ」はタイトルしか知らずで、
なんと、ジョルジュ・ドンが踊るんですか、
今チラリと調べましたら、

振付:モーリス・ベジャール
音楽:フランシス・レイ、ミッシェル・ルグラン
監督:クロード・ルルーシュ

これはもう、すぐにでも観なければ。


運梯のことですが、妙齢ですが美女ではないのと、
たいがいは陽が暮れてからなので、多分、きもいかと(笑)。

>公園の運梯に足を引っ掛け、腹筋をやってると

これはどういう状況なんでしょうか、
逆さにぶら下がってる感じですか?
それで腹筋て、明日のジョーですね!←これまた古い?!

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/01/19 01:28 - edit

先生のウンテイ姿・・・想像つきません。
でも、体力作り日々努力するあたり
先生らしいv-10

モリニシ #- | URL | 2010/01/19 15:30 - edit

>モリニシ君☆

昨日から雨ですっかり運梯休み中(笑)
あんまり本当は日々何かを続けるのが大の苦手!

続いているのは、唯一「花」ですv-254

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/01/21 09:25 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/238-cab3bcf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-07