FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 花のシゴト

初夏の芳香 

2009/05/28 Thu.

 
5月も今週で終わり。
路地ではアジサイが少しずつ咲き始めています。


やっぱりなんとなく例年より季節が早い気がしていますが、
さすがにクチナシのつぼみはまだ固く、
湿度温度とも高い、むうっとした日に甘い香りと共に開花するようです。


香りには敏感な私、
以前にも書きましたが、自分らしい香り、に興味を持っていました。
そして、フレグランスに詳しい方々のご意見を伺ったり、
色々なフレグランスを試したりしておりました。
それにしても、フレグランスのコーディネイターって、、、どこにいるんだろう?


私はフローリストなので、
全くの直観ではありますが、
それぞれの方に合うお花をセレクトさせていただくことがあります。

同じように、
ファッションのプロは洋服を、靴のプロはその人の足に合う靴を、
メイクさんは肌作りとメイクを、ヘアスタイリストは髪型の提案を、などなど、、、

なのに、フレグランスのスタイリスト、という人は一般的には見つけにくいもので。
もちろん、自分なりの香りを探す楽しみ、というものもあるのでしょうが。


で、先日、とあるフレグランス通の方に、
私に似合う香りを、直観&即答で選んでいただきました。

その名前は耳にしたことはあったのですが、
知識としては全くの白紙状態。

ネットで香りの印象など予備知識を得る前に、
まっさらな状態で、まずは実際にその香りを体験しよう、と思い、ブティックへ。

初めに、ボトルのデザインに新鮮な驚きを感じました。
装飾的ではない、とてもシックな、石のような質感の、深いブルーのボトル。

09may 176

子どものころに海で拾った、
小さな丸いガラスのような、不思議な手触り。


一吹きして、

思わず、



にやり、と。


気持ちに馴染むような、安心感を覚える香り。
今の自分に、これほどぴったりな香りを選んでもらえるなんて!
完全に降参、、、。 嬉しすぎます。


あとで知った、その調香内容。
香りに詳しい方なら想像していただけるでしょうか、
というか、このフレグランス自体が分かりますよね?

【トップ】ネロリ・ローズ・コリアンダー
【ミドル】アイリス
【ラスト】アンブレットシード・バーボンバニラ


某クチコミサイトでのコメントでは、

甘すぎずキリリとした、媚びない香り。
でもすごく大人っぽく女性的。
楚々とした中に色気のある雰囲気。



などと書かれております。




この香りを嗅いで、
ふと、早朝の大田神社を思い浮かべました。
ロマンティックな歌にも詠まれています。
大田神社の写真が素晴らしいサイト


あやめ、菖蒲、杜若(かきつばた)など、
なかなか商品としても、レッスンにも使用しない素材ですが、
自然の中で是非ご覧になってください。
今年の花は、今年しか咲きません。

大田神社の杜若はもう見ごろを過ぎてしまいましたが、
これからの季節は関西では三田の永沢寺など、菖蒲が見ごろになります。
花菖蒲の名所を紹介するサイト


来週からは、はや6月、ですね。

そろそろ、芦屋川では蛍の知らせも届き始めます。
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090528ddlk28040440000c.html


蛍といい、花菖蒲といい、

儚げながら、情緒的に味わい深い季節、

今年の蛍、今年の花、


そして、今年の香り、



存分に楽しんで、日々心豊かに過ごしたいですね。



フレグランス名人様、ありがとうございます(笑)・・・・・・・・・・amica公式サイト 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



edit

CM: 7
TB: 0

page top

コメント

ありゃ??

うちのくちなしの花は、既に開花し濃厚な香を漂わせてます。

お部屋の窓辺に置いてあるからかしら??

ベランダでは、アマリリスの蕾が膨らみ始めてます(^O^)/

ピノコ #RtNpiJ3M | URL | 2009/05/29 06:03 - edit

わたしも選んでほしい!

どんな香りなのか想像しながら菖蒲園の写真見ました!その香水の名前が知りたい!そして、フレグランス名人のことも!わたしも香水選んでほしい!

まるこ #LUkN6nkM | URL | 2009/05/30 15:10 - edit

>ピノさん

くちなし、そろそろ、ですね、
一番乗りの(ピノコさんみたいな)早い組が咲き始めました。

オクテの遅い組(え、私)はまだまだこれからですわ(笑)

amica #6ZS2/17k | URL | 2009/06/01 00:34 - edit

>まるこ

フレグランスと花、もちろん近い存在で、
花姿や色合いやキャラクターなどが、
香りとボトルデザインで具現化されて本当に奥深くて面白い・・・!

フレグランスの名前は、今度こっそり☆

え、フレグランス名人、ですか、
正体不明のオトコマエです(笑)

amica #6ZS2/17k | URL | 2009/06/01 00:40 - edit

フロ-リストさんなんて、いらっしゃること自体
初耳。私も、私の香りなんて、あるのかな?
先生の香りは今度レッスンで嗅いでみます(笑)

水の綺麗なところに蛍は生息するといわれておりますが、芦屋川にも、生息ですかぁ~
桜で楽しめ、蛍で楽しめ、素敵な所ですね。
やはり。

私の実家の箕面、箕面川もまだまだ蛍生息してます。いつまでも、こんな自然を残したいですね。

モリニシ #- | URL | 2009/06/03 08:49 - edit

↑フロ-リストではなく、香りのコ-ディネイトさんが、初耳でした。フロ-リストは、先生ですね。
とんだ、書き間違いを失礼致しました

モリニシ #- | URL | 2009/06/03 08:50 - edit

>モリニシ君

香りのコーディネイトさん、
一般的にはいないのではないかと思います。
というか、今回私が勝手に名付けた?気がします。
アロマテラピーの世界では症状などに応じて選んでくれると思いますが、
その人のファッションや生き方など、
様々を総合的に見て、またはTPOも考えて、
ぴったりの香りを、って、なかなか出来ませんよね。

日本はヨーロッパに比べてフレグランスの普及率が低いからかな?

私の香り?レッスンのときに香ってるかな~?
仕事以外で楽しもうかと、ふふふ。

amica #6ZS2/17k | URL | 2009/06/03 13:51 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/205-ec6120eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-09