FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 花のシゴト

すずらんの日 

2009/05/01 Fri.

 
5月になりました。

5月1日、フランスではすずらん(ミュゲ)を大切な人に贈る、「ミュゲの日」です。

この日ばかりは業者さんの許可、無許可、関係なく街中で売っていて、
すずらんであふれんばかりになるのですが。

日本ではこの素敵な習慣が定着しないのは、
母の日の前だということ・・・お花屋さんが母の日準備で手一杯、
すずらんのデリケートさ・・・寒冷地での栽培が多いので、首都圏などの気温で蒸れやすい。

というわけで、すずらんはまだまだ、その性質通り、日陰で咲く可憐な花、
そのままの存在感なのです。



さて、ミュゲの日の、その数日前に、
amicaアトリエはすずらんの香りでいっぱいになりました。

 「すずらんをテーマにしたアレンジのレッスンを」

というご要望にお応えしたのです。

0904-suzuran 002a


数か月前から決まっていたこのレッスンに、
仕入れを万全に色々段取りをしておりました。

長野県からの出荷に代わって、
この日、初めて北海道から届いたすずらん。

今年は気温が低めのせいか、やや、、、短い。。。

短いものを生かす、そんなデザインを。。。
というわけで今回も知恵を絞り、感性をフル活動させ、
花器、その他の花材などを準備しました。

(このデザインはまだベールに包むために画像は小さめになっております)

レッスンをリクエストして下さったのは仲良しマダムの皆様。
会話を楽しみつつ、笑いも絶えない中、少しずつ作業が進められていきます。
「男性にこんな可愛いミニブーケ贈られたら、好きになっちゃう!」とか。(私も大賛成)

0904-suzuran 006a
0904-suzuran 004a
0904-suzuran 010a

曇り空のこの日、キャンドルがしっとりと映えました。

0904-suzuran 022a


ミュゲの日、
すずらんを贈ると、
贈られた人に幸運が訪れる、という、

そんな風に贈られたら、
すずらんの持つ清らかな香りが、
一層魅力的に感じられるだろうなあ、と。。。



お花を贈る、ということは、

そのまま、気持ちを贈るということでもあり、

相手を慮る(おもんばかる)ということでもあり、

そのお花の周りにはそれぞれの人の風景があり、


人と人をつなぐ役割を果たしたメッセンジャーとしてのお花も命を全うし、、、


そういう役割のものを日々制作しているということを、
改めて心に留めて、
来週の大きな山に向き合っていこう、と思った、


ミュゲの日でした。



母の日の贈り物、5月7日(木)の20時まで承っております・・・・・・・amica公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

小さな庭

実家の庭にすずらんがほんの少しだけあります。
もう10年以上も前からあるのですが
やはり京都の気候が多分暑すぎるのか
あまり育ちがよく無いし、年々花のつきも悪くなっています。
去年などほんの数本しか花は咲かなかったし。
今年はどうなのかなぁ?
ハナニラなどは無数に咲いていて
小さな庭ですが、そのシーズンには夕闇に青白くハナニラが輝いて、少し儚い幻想のような感じになるのに
すずらんは葉っぱの緑ばかり目立ちます。
今の時期は羽衣ジャスミンが花盛りでしょう。

そんな小さな小さな庭が愛しくてたまりません。

今日はすずらんではなく
バラ4種(ジュリア、シャンティ、ショコラ、ブラックビューティ)
の花束を実家に持って行きます。
それでも贈った相手は幸せになってくれるかな?

honey-T #- | URL | 2009/05/01 13:30 - edit

すずらんの日

キャンドルの優しい光とすずらんがマッチして本当に素敵ですね。

すずらんの香りって本当にいいですよね。
5月1日は相手の幸せを思って送る特別な日。。。
私もすずらんをいただきました。
部屋には今、すずらんの香りが漂っています。

フランスのお花屋さんにとって5月1日は大切な日。
お客様の顔も生き生きしています。幸せを願って贈られるなんて花も幸せですよね。
フランスにはバレンタインの義理チョコはないのですが、義理すずらんはあるらしいです。
龍さんも張り切って仕事に向かいましたが、彼はすずらんアレルギーなので顔が「誰?」ってくらい腫れて帰宅しました。。。
でも、彼の顔が腫れたぶんだけ、その裏には誰かのよろこぶ顔があるはず。花屋さんって大変ですが本当にいいお仕事だなと思いました。

きよみ #Xlf.8pIU | URL | 2009/05/04 01:59 - edit

>honey-T さん

すっかりお返事が遅くなりましてごめんなさい。

バラの花束は喜んでもらえたでしょうねえ、
今ふと、「ショコラ」という映画のテーマ曲が頭の中で流れました。
チョコレートを一口含むと、途端に幸せな気分になる、
今回の花束に、そんなイメージが重なりました。

すずらんは本当にひっそり咲きますよね、
ウチの実家にも植えたのに、葉のない時期に何度か掘り返され(泣)、
それでも健気に咲いていたのを覚えています。
京都の暑さに負けないで頑張ってほしいですね、
木陰が良いのだけど、栄養も木に取られるのかしら。。。
また梅雨明けに様子を教えてくださいませ☆

amica #6ZS2/17k | URL | 2009/05/13 00:15 - edit

>きよみさ~ん

パリからのすずらん情報、ありがとうございます!

フランスのすずらん、本当に立派で素晴らしいですよね!
そういえば、だいぶ前にトルチュさんが日本でデモを行うとき、
すずらんだけはわざわざパリから持って来られてました。
日本のは短すぎるんですよ、、、。香りはいいんですが。

龍さん、すずらんアレルギーですが、、、初耳です。
そして、くしゃみとかじゃなくて、肌に出るとは、大変ですね。。

心が穏やかになるとアレルギーも収まることもあるようなので、
きよみさんたちが周りにいることで、
年々治っていくかもしれませんね^^

amica #6ZS2/17k | URL | 2009/05/13 00:20 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/201-bdbf678d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-08