FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 花のシゴト

続 友引の、その日のこと 

2008/12/09 Tue.

 
(前号の続き)

その夜、帰ってすぐに、パソコンから連絡つく人に、ケイタイが通じないことを知らせる。

日曜の午前に合流する広島のお花屋さんのdeuxi(ドゥジエム)さん

そのドゥジエムさんにはRさんへ、その事情を伝えてもらえるように、

一緒に披露宴に呼ばれているMゆかさん、

そしてスタッフたち。

市場のお兄さんの一人が、自身の名刺にケイタイ番号も手書きしていたのを思い出す。

早速電話。日曜の市場が10時ころに開くことを知る。

土曜の夜なのに、みんな電話出てくれてありがたい。。。


その晩、なんとなく落ち着かない気分で、明日の大仕事に備えて、

お風呂、ストレッチも抜かりなく。

普段、アラームに使っているケイタイがないので、目覚まし時計を引っ張り出す。

寝ようとしてふと、代わりの花たちが整ったところで思う。

その、80本の花。

私は15年、花嫁の味方でもあったけれど、一方、花の味方でもあったと。

できれば、日の目を浴びさせてあげたい、胸を張って咲かせてあげたい。。。



その晩は眠っているのか起きているのか、

夢うつつの中で何度も何度も花嫁さんを説得していた。

「嫌いな食べ物でも一流シェフが調理したら美味しく食べられますよね」とか、

「あの会場に似合う花、といえば、この花だと言われてるんですよ」とか、

「今まで良い思い出のないお花なら、今日でその記憶を塗り替えましょう」とか、、、

自分でも驚くほど、色々と言葉があふれ出てきた。



また、その合間には、

久々に引っ張り出してきた目覚まし時計が信用できなかったのか、

何度も目が覚めては、そのたびになぜか電話で時報「117」を聞いていた。(なぜ?)


そんな感じであっという間に朝になり、

いよいよすべての準備がスタートする。。。



Rさんが爽やかな笑顔とともに来られる。

制作に入るとナーバスになる人は多いけれど、

Rさんはサービス精神が旺盛なのか、とにっかくいろいろとお話して下さる。

これまでの経歴、パリでのこと、交友関係、奥様のこと、これからヴィジョン、音楽のこと、

そしてもちろん、花業界の現状や続けていくのに大切なことなどなど、

作業はノンストップでスピーディに進む中、興味深いお話を次々に笑いも交えつつ。

それはそれは至福のひとときで、お花に関わってきて良かった、と思える時間。

その中で、この結婚式が奥さまの夢を叶えるものであることが静かに伝わってきて、

夜中に夢の中で説得していた私も、とにかくまた200%花嫁の味方として、

今日はお手伝いさせていただこう、と固く決心する。



そんな素敵な時間ではあったけれど、

忘れてはいけない、私には重大任務があった、そう、ケイタイを取りに行かなければ。

後ろ髪を引かれる思いで、泣く泣く車を走らせる。



なんと、あとで聞いたら、

私がいない時間、スタッフたちはRさん直々に「メカニカル・フォーカルポイント」について、

講義を受けていたらしい!!!

その頃私は、無事手元に戻ったケイタイで、西宮のモスバーガーを検索していたのでした。

めでたしめでたし。




次号、ドゥジエムさん登場!の巻です。・・・・・・・・・・amica公式サイト


関連記事
スポンサーサイト



edit

CM: 11
TB: 0

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2008/12/09 16:22 - edit

おつかれさまッス!

花嫁の味方でもあったけれど、一方、花の味方でもあった。
久々にジィーン(涙)
花嫁も一生に一度、お花だって綺麗に咲けるのは一度きり・・・。どっちものその瞬間のために全力をつくされてる小山さんの作品・・・もっと見たいっす。

外出する時は忘れ物をしがちな私・・・携帯と財布とカギをヒモにくくり付けるってのはどうだろぅ・・・
って考えたんだけど全部いっぺんになくしそうなのでやめました。

さんこ #- | URL | 2008/12/09 17:07 - edit

尊敬!

花嫁と花の両方の味方である先生が、どちらかを選ばないといけなくなった葛藤が伝わってきました。
私なんかが想像する以上にご苦労されたのだと思います。

見事に花嫁の希望を叶え、出来る限りお花の命も大切にされたと聞いて、プロフェッショナルという枠組みを超えた信念のようなものを感じ、感動しました。

ノリ #- | URL | 2008/12/09 22:09 - edit

えーそんな週末をすごしておられたとは…

お疲れ様でした

先生の人望でしょうね
関係のある方たちが
力になってくださるのですね

無事携帯も戻り
重ね重ねよかったです

私もあれがない
これがないv-292
よくあたふたしております

ほんといつまでたってもダメなのですe-350









chika #- | URL | 2008/12/09 22:12 - edit

いつにもまして濃い内容に
息をのんで読んでしまいました★

Rさま直々メカニカル・・・
すごいですね~。きになります!!
次が待ちきれません♪

ai #- | URL | 2008/12/09 22:54 - edit

>さんこさん

本当に寝付けない一夜でした。
色々な正義の味方(笑)ではありますが、
やはりこの日の主役は新郎新婦のお二人、
幸せな気持ちで一日過ごして欲しかったんです。
だってあまりにもお互いを思いやるお二人だったので。

忘れ物はしょっちゅうです。
「あっぶな・・・」と言いながらギリギリに思いだすことも多々あり。。。
いやいや、気を付けます。
 

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/12/09 23:14 - edit

>ノリさん

もったいないお言葉、ありがとうございます。
花嫁さんも、お花も、この日はピッカピカでいてほしい、ただそれだけで。

いやもう本当に可愛らしい花嫁さんで、すっかりファンになりました。
新郎のRさんが彼女の夢を叶えたいという気持ちがよく分かったんですよ。
 

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/12/09 23:19 - edit

>chikaさん

ケイタイ、、、ほんと助かりました。
でも古い目覚まし時計はセットしてる時間の5分前で止まってたんですv-12

市場の人たちは概ね良い人ばかりです。
お花の仕事はお花がなければできないので、
いつも色々と助けてもらいます。

chikaさんは忘れ物してるイメージないですね、
いつもきっちりなさってる感じですよ☆
 

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/12/09 23:24 - edit

>aiさん

Rサマって本当に本当に良い方なんです!!!
おそらくご自身のお店では別のスイッチが入るかもしれないのですが、
今回は幸せオーラ満載でとっても優しくて、
途中にはBGMもセレクトして下さったり!

もう、感動です。。。ありがたや。。。
 

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/12/09 23:27 - edit

息を飲む展開でしたが、
ほっと・・・・し、ま、し、た。

そして、いつも以上に幸せな気持ちが伝わってきました

素敵なかたがたに、囲まれて、ほんと、ありがたいね。

moto #- | URL | 2008/12/10 23:20 - edit

>motoちゃん

ホント、助けられてます。
幸せな気持ちはこのあとまたたっぷり感じますよ、
続きも読んでね。

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/12/11 00:13 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/180-d5f29488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-09