amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: コレおすすめ

ひなまつり 

2008/02/29 Fri.

 
先日のおひなさまレッスンの際に話題に出た、

芦屋の名所「ヨドコウ迎賓館」へ、

有職雛人形の展示を見に行ってきました。



このヨドコウ迎賓館、
建築に興味のある方なら一度は訪ねてみたい場所なのは、
かのフランク・ロイド・ライト設計の、
日本に完全な形で残る唯一の建造物とされているため。。。


配達の途中、時間を見つけて寄ったのだけれど、
一歩中に入ったとたん、時空を飛んで別世界に来たような気がしました。

元々個人宅(山邑邸)として作られたとのこと、
つくづく「家を設計すること」というのは、住まう人への究極の誠意?愛情?みたいなもの、
があって初めて「作品」=「快適な住まい」として二つがバランスよく完成するんだと思う。
「オレの作品だぜ!」というほうに重きが置かれると、
どこかにひずみが出て、長く愛される住まいにはならないのでは、と思う。

そういう意味でもこの建物は素晴らしい。
とても良い「気」が感じられて、ここでの生活は快適だっただろうと思う。

ココを未体験の方は、
ぜひ一度その「気」も実感していただきたい、と思います。


そういえば、外壁にも使われている栃木県大谷町の大谷石(おおやいし)、
以前に見た芦屋のデザイナーズマンションでも印象的だったけれど、
ルーツはここだったのかと改めて。



もう一つの目的、
三代目 大木平蔵作の有職雛人形。

驚くべきことに100年以上昔に作られたそうで、
それが信じられないくらいの鮮やかさ、美しさ、表情の豊かさ、
まさしく「雅(みやび)」が結集しているような風情。

こちらは4月6日まで公開だそうなので、
私はもう一度見に行こうと思っています。



それにしても、

本当に美しいものは100年の年月を経ても褪せないのだと、
しみじみ感動したワケですが、

死してなお評価され続ける、
素晴らしい作品を世に残した人たちは、
一体どんなふうにその道に辿り着いたのか、


才能もあり、気力もあり、運もあり、財力?もあり、
様々な条件が揃ってこのカタチが残ったワケで。

持てる才能をきちん残せて評価される、幸せな人たちだと。


自分が持って生まれ、与えられているものを、
埋もれさせることなく見つけて磨くこと、

それは歌うことかもしれないし、絵を描くことかもしれなしし、
それは子どもに愛情を注ぐことかもしれないし、
母から受け継いだ味を愛する人に作ってあげることかもしれないし、
人を楽しませることかもしれないけど、

それは自分の命の、生きていることの証かもしれない。



きょ~うは楽しいひなまつり~♪(て、なぜマイナーコードなんだろう)・・・amica公式サイト




関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 5
TB: 0

page top

コメント

今月末スキー場への途中、ちらっと見て旦那に説明を受けました。
旦那はもちろん経験済み。今度一緒に行こうと約束してるので、「気」を感じてきたいと思います^^!!!!

生きている証かぁ~。
>自分が持って生まれ、与えられているものを、
>埋もれさせることなく見つけて磨くこと、
なかなか難しいけど、「自分なりの証」是非とも残していきたい!!!!です^^

ひろりん #- | URL | 2008/02/29 17:29 - edit

あ!行かれましたか!喜んでいただけたようで嬉しいです。
すごいですよね、お雛様も建物も。

あの建物のデザインももちろんさすが!ですが、周りの自然とうまく調和していてそれが更に素晴らしい。
私はあそこから見える緑の景色が大好きなんです。

愛情をもって作られたものというのは、ちゃんと伝わるのでしょうね。

そうそう。。豪雪の京都はえらいことでした^_^;

みち #QsAlv7FI | URL | 2008/02/29 19:32 - edit

 
>ひろりん

いいですね~、専門家のダンナ様と一緒なら、
さぞ深く掘り下げて楽しめたことでしょう。

私は天気のよい日曜のお昼に訪れたので、
海まで見える美しい景色に圧倒されました。
夜には明かりが灯ってまた別の趣きかもしれませんね~。

スキーのお話も、また聞かせてくださいね!

 

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/03/02 22:33 - edit

 
>みちさん!!!

教えていただいて本当によかったです。
雛人形、想像以上でした。
解説の方もいらっしゃるのでちょっとした「美の壷」タイム、
堪能できました。ありがとうございました。

いやあ、今まで芦屋の「食」ばかり掘り下げていた(笑)ので、
「文化」方面にも触手を伸ばしていこうかと。
またヨロシクお願い致します。
(もちろん引き続き「食」部門もね☆)
 

amica #6ZS2/17k | URL | 2008/03/02 22:36 - edit

私勘違いしてました><
スキーは別で、近くに旦那の先輩が設計した家を見学に行ったときに前を通ったのでした><
旦那と話してた時に「ちがうよ~」と指摘されました^^;
近々行く予定です^^

ひろりん #- | URL | 2008/03/04 02:29 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/140-9dcb7463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07