amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: amicaの大切な人たち

理想の家具 

2012/03/16 Fri.

最近、家具の大切さと楽しさを知ることがあったので、
今回はそれを書こうかなと。

新しく昨年秋からレッスンをさせていただいている、靱公園のサロン、
とても素敵なデザイナーさんのお部屋なのですが、
靱公園の緑が窓一面に見える素晴らしいロケーション。。。

2012:03:15 321112_224946954236553_100001637495588_648296_201603366_n

四季折々の自然の美しさを愛でて過ごせるのは言うまでもなく、
写っているように、なんと素晴らしい音響システムも完備なのです。。。
お気に入りの本と共にのんびり過ごすにはこのうえなく贅沢な場所。。。


ですが、唯一、レッスンをするうえで足りないものがありました。

それは、机。 
人が数名、作業ができるような大きさと安定感のあるもの。

とはいえ、普段はゆったりとしたサロンのレイアウトにされているので、
毎回、レッスンのたびにテーブルを運び込むか、
ソファの下(約12センチ)に収納できる、折りたたみ式のもの。。。
素材はサロンで使用している椅子と合わせたもの。
大きさは6名掛けで、足入れがしやすいもの。

というような条件でネットで検索。
目が回るくらい探した結果、、、、無い、

もう、作るしかない、


ということで、
サロンの持ち主の姫野さんに相談し、
素材やサイズなど、アドバイスをいただく。

早速、それを元に頭でデザインを組み立てて、
ダンボールで10分の一の模型を作成(笑)

2012:03:15 386738_245301742201074_100001637495588_711671_176922188_n
2012:03:15 393535_245297198868195_100001637495588_711665_1461088885_n

大きな板をホームセンターで購入し、
作る気合満々、意気揚々と帰ってきました。
(この時点では糸ノコで作る気でいた、、、笑)

しかしながら、
人が何人も作業をする台でもあるし、安全面も考えなければいけないし、
(それに、糸ノコじゃ無理だよ、とJqualiaの松下さんにもアドバイスをいただき。。汗)

そこは専門家に相談だ、ということで、
姫野さんからご指名となった、枚方で木工のお仕事をされている賀来さんに白羽の矢が。

賀来さんが工房として使ってらっしゃるところで、
緊急のワークショップが始まりました。

とにかく、小学生か中学生以来の、サンドペーパー。
そして、機械の(←呼び名がわからないけど)ヤスリがけ。
気温3度くらいの寒さの中、ひたすら、ささくれを直し、滑らかに。
ヤスリがけで、木の粉が出るわ出るわ、、、

2012:03:15 428705_311801332217781_100001637495588_881077_919289404_n

大量の白い粉を体中に浴びた頃、
理想的なテーブルが、完成しました。

2012:03:15 421052_311855315545716_100001637495588_881183_837686000_n

画像ではわかりにくいのですが、
木工職人の賀来さんの知恵と技術がそこここに施され、
厚さ12ミリとは思えない、素晴らしい安定感が実現。
その安定感には賀来さん自身がびっくりして「おおお~」と声が出てしまうほどでした。
また「姫野さんのサロンに置くテーブル」ということから、
賀来さんは仕上げの美しさにも妥協なくエネルギーを注がれ、
なおかつ、使う私達女性が一人でも組み立てて解体もできるような、
「ひとりでできるもん」な仕様も兼ね備えているという完璧さ、、、!


本当に、素晴らしい!(ちょっと自画自賛!)
ぜひ靱公園のサロンに来られた方は、景色とともにテーブルもご堪能ください(笑)




家具といえば。。。
最近気付いたことがありました。

頭では知ってわかっているつもりのことが、
あるきっかけでそれが「実感」に変わることがよくあります。

それが今回は、とある家具で。


先月、一脚の椅子を買いました。

大阪のgrafさんの、初めての家具、
プランクトンチェアというgrafさんの最も古くからあるデザインの椅子だそうで、
木の種類や塗装の色、木目の模様(正目か板目か)も選べるという、
それをすぐ近くのgrafさんの工房で作ってくれるというもの。

で、引取りに行って、ウチにやってきたのがこの色。

2012:03:15 IMG_2846

すわり心地がよいのはお店でも確認済、
色は思ったよりもウチにしっくり、
お花を置いても映えるし、カッコイイし、
良かったなあと。


なんだかでも、それだけではない、何か、

一から選んで作ってもらったという特別感なのか、

単なる愛着、とも違う何か、


そう思って数日、

あ、と気付いた。


私は今まで何か食べに行くにしても、
オーナーシェフのいるところを選んでいるし、
雑貨や洋服、オーナーさんの顔が見えるところのほうが面白いと選ぶほう、、

そういう意味では、
「顔が見える家具」。
今回、私は初めて買ったわけです。

そこには金銭ではない「豊かさ」と、確実に「安心感」がある。


「安心感」・・・・・!


もちろん、一方で全く逆の、
顔を合わせる煩わしさのないモノの買い方もありますが、

これからのキーワードとして、私も、
この「安心感」は大切に意識していくものだということを気付かされました。


ひとつひとつ、
そういう豊かなものたちと一緒に暮らしていけるのが理想、

少しずつ、揃えていこう。





姫野さんのサロンはレッスンのお申し込みの方にお知らせします。

3月25日(日) 10:30~ キッズレッスン、
         13:30~ メンズフラワーレッスン(ブーケを組みますよ!)

Jqualiaさんは芦屋市茶屋之町、松下さんご夫妻の木工家具のお店です。

賀来さんの枚方家具団地の家具町LAB.では様々なワークショップを開催中。



皆さま、ご協力ありがとうございました☆・・・・・・・amica サイト
スポンサーサイト

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 雑誌掲載

雑誌掲載。 

2012/03/10 Sat.

 
今年の冬は寒さ厳しく、
3月に入ってもなかなか春への歩みはゆっくり、

それでもようやく沈丁花が咲き始め、
植物が目覚める気配が感じられます。

3月は行事が多く、
卒業、卒園、教授のご退官、など、
節目を飾る大切な花たちをせっせと準備する毎日。。。

2012:03:08 IMG_2628
(椿:玉之浦)



さて先月、少しお知らせしましたが、
今月発売のウエディング雑誌2誌に掲載していただくことになりました。

今まではアトリエというスタイルや、派手な活動をしていないこともあり、
amicaとして単独で取り上げていただくことがほとんどありませんでした。

仕事をしていく上では、
雑誌などの媒体をうまく利用して自分自身を売り出し、
世間の注目を浴び、より多くのファンを獲得することも手法のひとつだと思います。
そのためには様々な雑誌に受け入れられそうな企画を持ち込んで掲載してもらうという、
知恵やテクニックに長けた人も多く、実際相応に誌面が作られています。

ただ、どの業界(花を含めクリエイター系の)も同じかもしれませんが、
本物を追求し、地道な努力を何年も積み重ね、根強いファンを獲得している人ほど、
媒体に自らは出ていくことはしないし、相当慎重だと思います。
実力と、雑誌掲載の頻度は、決して比例していないともいえます。
早い段階で媒体でのウケを知ってしまった人は、ブームのあとに真価が厳しく問われます。

そういえば、まだ花の仕事を始めて間もない人が、
「私は人に花を教えたい」と希望するのをよく聞きますが、
数ある花の仕事の中でも何が向いているかがわからない段階では、
そこは急ぐところではないのになあ、といつも思います。
それまでに人に何かを教えた経験がなければなおさら。。。
そのときにも思うのは、きっと花が好きで好きでそれを伝えたい、
というよりは、花を教えている自分を夢見ているんだろうと。
その仕事が好きというよりは、その仕事をしている自分が好き、なのかなと。

様々な手法やスタンス、個性があるからこそ面白いとも言えますが、
私自身は、教えるにしても、媒体に取り上げられるにしても、
理想は「望まれてから」かなと。
誰かに教えてほしい、と言われて初めて、花の美しさや活け方を、
自分の持っているもの(知識、感性、言葉)で、どう伝えようかと。
そこにも、年数を重ねるほどに更に深く興味が湧いていきます。


さて、雑誌掲載の話。
今月22日に発売の25ansウエディング「結婚準備スタート号」の関西ページに、
ブーケが計4点、掲載されます。

モデルさんが持つものが3点、ブーケ単体が1つ。

2012:02:08 IMG_2195
2012:02:10 IMG_2166
2012:02:10 IMG_2149
2012:02:10 IMG_2186


ブーケ単体の写真は発売の22日にご覧いただくということで。



もう一誌は「Lei wedding」、昨年の12月号以来、二度目の表紙に。
こちらは前回の、クリスマスの天使のようなスタイリング。

2011:11:14 11nov 168

今回は全く違った感じで、
クラシカルなドレスに春らしいポップなブーケを、とのリクエスト。
今までウエディングブーケには使用したことのないポピーで。

2012:02:10 IMG_2223
2012:02:10 IMG_2229

モデルは今回もマギーさん。
こちらのレイウェディング(なんと無料)、
発行の3月15日に本屋さんで手に取るもよし、
ネットで注文してもOKです。


詳細はこちら。

25ansウエディング
Lei wedding


当日は撮影にも長時間立ち会わせていただいたりして、
楽しい時間を過ごさせていただきました。
関係者の皆様、ありがとうございました!




以上、淡々と書きましたが、

このお話、

本当に、嬉しかったです。

初めて、お花を習いたい、と人から言われたときと同じかそれ以上に。

私は人より何か目立つものを持っているとは思わないので、
今回はいろいろな方のご縁がつなげてくれたお話だと思います。

ご縁と、お声かけてくれた方に、感謝。




これを励みに、また磨きをかけます。

そう、改めて言いますが、

ウエディングブーケ作ることが、
私の仕事の、軸、です。

身近でご結婚の女性がいらっしゃる方、
当日の、その人のために素材を仕入れたり、制作したりするフローリストがいることを、
どうぞご案内くださいね。
流れ作業で、顔も知らない人に作られた、
温かみのないブーケを持つ人がひとりでも減るように。。。



今月の表紙はいい色のプランクトンチェアと木瓜の花です・・・・・amicaサイト 


amica flowersのFacebookページに様々なニュースをアップしています。
進化し続けるFacebook、アカウント登録がまだの方はお気軽に始めてみてくださいね。
詳細はこちら・・・Facebook

 

edit

CM: 2
TB: 0

page top

2012-03