FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: amicaのゆかいな仲間たち

文化の日には 

2010/11/04 Thu.

 
寒気が訪れて、

晩秋を思わせる空気に包まれた文化の日。

冷えた日独特の、澄んだ、眩い光。


朝から仕入れで週末の婚礼の準備をして、

お昼からはamicaガールズのランチに合流、

一周年を迎えたEmbraceさんにて。


窓から光が差し込み、穏やかに、和やかに、時間が流れていき、

老若男女、ちびっこも、思い思いにこの居心地良い空間で過ごす。

私たちも、それぞれの近況を話したり、ドラマの話をしたり、

80'sの洋楽が流れたときはじわ~っと当時の世界に浸ったりw

色々なことはあるけれど、それぞれに元気で、それが何よりで。


楽しい時間はあっという間で、

お名残り惜しく、じゃあねと言って、次の約束へ。

ようやく実現の運びとなった、「京料理 たか木」の高木さんとの山野草探しツアー!

準備を整え、いざ、六甲山の秘密のルートへ。


普段、何気なく通り過ぎる道路脇にも、

様々な照葉(冷気に当たって紅葉の始まったもの)や、

赤く実った小さな実モノ、そして、秋の花たち。

そういえば昔、藤づるやサンキライを取りに、秋の野山へ分け入ったっけ。。

高木さんのガイドのおかげで、様々な見どころを効率よく見て回る。

ススキや嫁菜がたくさん。

10nov 015

市場でたまに見かけるけれど、

あまりの小さな花に、ほとんど手にすることはない花たち。

10nov 013

高木さんの面白トーク付き(笑)で、ドライブすること1時間と少し、

お料理に使われるという、照葉の柿の葉、もみじ、赤く色づいたドウダンツツジなど、

名も知らない実モノも含め、秋の素材が勢ぞろい。

もちろん、全部取ったり、根から掘ったりはしない、また来年も咲いて欲しいから。


「たか木」さんに到着して、お店の素晴らしい器の数々に活けさせていただく。

流木の上に置いていただいて、細川護熙さんの書の下に、飾らせていただきました。

10nov 020
10nov 022

小さな器へは、高木さんが一つずつ、手早く、慣れたリズムで活けていく。

10nov 023
10nov 024
10nov 025
10nov 026
10nov 027


高木さんは、野山に行くことで、この季節を全身で感じ取って、それを料理に反映させるんだ、と。

それが何よりの、お客さんへのおもてなしにつながるわけで。

流派とか、何スタイルとか、どこで修行したとか、

そういうものとは無縁の、でも、「純粋な生け花」を感じた気がして、

素晴らしい場所に活けられたことも含め、感慨深く、その喜びを噛み締めたのでした。


つい、花を、自分表現の道具として「作品」づくりをしているのを見るにつけ、

それを受け取る人も、花も、幸せじゃない気がして、心穏やかではいられなかったのですが、

野に咲く花を、本来の姿以上に(これは非常に難しいけれど)、最終形にする、

そんな仕事をしていることを、忘れてはいけないなと、また、改めて思った、

快晴の、文化の日でございました。

たか木さん、ありがとうございました!





クリスマスリースのレッスン、お申込み受付中です。
残席がわずかになっている日もございますので、お早めにどうぞ☆
詳細はこちらに。

12月初めに、amicaの作品展をします。詳細はまた・・・・・・・・・・amica flowers site
スポンサーサイト

edit

CM: 8
TB: 0

page top

2010-11