FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: コレおすすめ

今週の大ヒット。。。 

2010/02/13 Sat.

 
お伊勢さんの御利益か、
2月に入ってからおかげ様で急に多忙な日々、
公私ともに濃い時間を過ごしております。


まだまだ冬に逆戻りか、と思うほど寒いものの、
なぜか心は春の気配。

これが気力が充実する、ということなのかな。
この感覚は実は久しぶりなんですが(笑)


さて、最近のヒット、

前々回書いた京都の鍛金(たんきん)工房にて、
素敵なお鍋を購入してまいりました!
10feb 078

この画像だと、お皿のようにも、ボールのようにも見えますが、
正真正銘、茂作の銘の入ったお鍋。
早速、鶏の水炊きをしましたが、熱効率が良いというのか、
全体に均等にすぐに温まり、見た目にも美しい!


京都へは実は、メインはハイアットリージェンシーの、
ピーター・ラングナーさんの展示会の装花でした。

テーブルにはリクエストされたデザイン、日本水仙の香りでいっぱいに。
10feb 050

いけばなに大変興味をお持ちのピーターさんの、
「自然な感じ、枝葉のある感じ」「チューリップ」というリクエストで、
この高さ2.5メートルのアレンジを。
ノコギリ仕事は楽しいんです☆
10feb 045

ドレスはここではお見せできませんが、今回の新作も素晴らしかったです。。。
ピーター・ラングナーさんのサイトはこちら。


真冬並みの寒さでも、
活け込みの花たちは花盛り、
市場の枝物担当の方の一押し、素晴らしいサンシュユ。
10feb 016


そして特筆すべきは、椿、この、美しき花。
10feb 062a

ご存知の通り、花が終わると咲いた花ごと落ち、
地面でしばらく咲く椿を「地椿」とも呼ぶ、
とても特徴のある花。
10feb 060a
そんな特性から、美しく潔い最後を武士道にも例えたり、
また逆に忌み嫌ったり、という両極端な素材なので、
普段は花束にもアレンジにも活け込みにも、
ほとんどリクエストが無い限りは使用しないのですが、
今回は定期でお花を届けているお店からご要望があり、
アトリエで開花調整をしたおかげで、ゆっくりと鑑賞出来たのでした。

そうだった、私は椿の花が大好きでした。
一本から多種の色の花が咲く珍しい椿を見に、
奈良の白毫寺(びゃっこうじ)に行ったことも、
地椿の写真を撮りに、京都の三千院の奥まで行ったことも。
椿の話をするとここからビッシリ文字だらけになるので(笑)
また改めて、いつか。

ちなみに、良く似た山茶花(さざんか)との見分け方、
地面に落ちているのが花びらなら山茶花、花ごとなら椿、
他にもおしべに特徴があります。



そして!最近のヒットといえばこれ、「今度は愛妻家」。
お恥ずかしながら行定監督の作品はこれが初めてだったのですが、
人物の描き方、小物づかい、画面構成、言葉、風景、
これは多くを語れない作品なのでこれ以上は書けませんが、
手放しで絶賛。大絶賛!ぜひ、観てください。
kak_sb2_large.jpg


さてそして、
何よりのヒットというか嬉しかったことは、
皆さんに、誕生日を祝っていただいたことです。

優しく、温かい言葉の数々、本当にありがとうございました。
言葉というのは、何かを伝えるのに長い文で説明するのは簡単で、
逆に短くするのは、エッセンスを抽出する作業になるので、
大変難しい、と聞いたことがあります。

でも、いただいた言葉はどれも、そのエッセンスだけが文字になっていて、
読むと心に鐘の音が鮮やかに響くようでした。
年を追うごとに言葉の持つ力、奥行、表情などをより感じられるなんて、
これは年齢を重ねる楽しさの一つだと、また噛みしめた次第。。。


そして、心のこもったプレゼント、
丁寧に時間をかけて手作りされたもの、
また、お店で選んでくださった時間も、全て愛おしく。

この世に生を受けてから○○年(笑)も経ちまして、
私はたくさんの人に支えられ、
昨年よりも更に幸せに、強く、深く生きております。
ええ、なんと、ウンテイも出来るようになりました。

皆様にも、両親にも、感謝。

プレゼント自慢がハシタナイことだと分かりつつ、
嬉しさのあまり、一部アップしてしまいます☆

10feb 075
10feb 074
10feb 077
10feb 073
10feb 076


じい~ん・・・


すっかり、元気100倍、
明日はまた「女子力アップのピンクのアレンジ」のレッスンです。

春のお花満載、今月のレッスンはピンク一色で行きます!
10feb 071



あ!生け花の、さわやかな若き家元様にお会いしたことも特筆すべき出来事でした・・・・・amica公式サイト
スポンサーサイト

edit

CM: 12
TB: 0

page top

2010-02