amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 思うこと

人と人、人の間 

2006/08/28 Mon.

いつからかあんなに鳴いていたセミの声が聞かれなくなり、
空の高いところにウロコ雲がかかる、
季節が変わろうとしていますね。


この夏、東京の町田で久しぶりに三姉妹が集まり、
母(ご存知?ゴルゴ)と甥っ子、姪っ子たちも一緒に、楽しい夏休みを過ごした。

昭和記念公園という大きな公園に行くまでの車中でのこと。
チビッ子五人は後部座席でキャッキャ言ってたのだけれど、
しばらくして一人がウエ~ンと言い出した。何かモメ事が発生
「○○ちゃんが押したー」とか「先に押したのは○○だぞー」とか。
だんだん収拾がつかなくなり困っていると、
姉が、住んでる地域(足利市)特有の?言葉遊びを始めた。
半泣きだった4歳の甥っ子もつられて歌う。

 ♪ し~らん ぺったん ご~り~ら~のけ~つ~あ~ら~い ♪

ちゃんと書くとこうなる「知らん、ペッタン、ゴリラのケツ洗い」

若干、お下品な言葉を含んでいるその歌、
初めて聞いた私は思わず吹き出してしまった。

ウケたのが嬉しかったらしく、
4歳の甥っ子は、ゴリラの「○○」の部分に、
思いつくお下品な言葉をあてはめて歌い、もっとウケを狙っていた(笑)。

結局、その歌の主旨?は、
「どうでもいいことには知らんふりして気持ちを切り替えよう」
ということのようで、確かにモメ事は収まっていた。


子ども同士でも何人か集まればモメ事が起こる。
大人の社会のストレスも大部分は人間関係だとも言われている。

会社勤めの頃には、そんなストレスで何度もペシャンコになった私も、
特に最近は「人」に本当に恵まれていて、
変な悩みでうじうじ考えることが減った。

元々、私は簡単に「人」とのかかわりを断ち切ったりするタイプではなく、
脳天気なのか「人」は善意を多く持っている、と考える傾向があり、
そのため、人を信頼しやすい。

反対に、「人」との関わりをすぐに築いて、結構すぐに切るタイプの人もいて、
私にとってはそれは最も理解できない種類の人々であったりする。
もちろんどんなスタイルが正しいのか、優しいのか、それは分からない。
世の中には全く別の考え方、感じ方をする人も多くいる。
「ばら色の人生」と聞いて「白」を連想する人もいるのだ。


ある人間関係が終わったとき、
今まで色々と接してきた相手がケロッと切り替えているのに、
私のほうは、何か方法がなかったのか、まだ心を砕いたりしている。
これは断然、私もケロッとするべきだと思う。

そんなウジウジをケロケロッと切り替えるには、
NAOさんお勧めのこの本がいい☆
しみじみとおかしく、何度見ても笑える。



この強力な本でもダメなら、
あとはもう、歌うしかない、♪し~らん ぺったん、ゴ~リラ~の~・・・・・


あなたのばら色はどんな色?・・・・amica公式サイト
スポンサーサイト

edit

CM: 18
TB: 0

page top

Category: 花のシゴト

初めてのフラワーレッスン 

2006/08/24 Thu.

今週のレッスンでは、ウェディングブーケ
それもワイヤリング&テーピング三昧で、
技術的には高度な内容。。。

毎回、全くのお花初心者の方が参加するamicaのレッスン、
もちろん今回もお花デビューの方が何名もお申し込みされました。


通常、どこのフラワースクールでも、
たいがいは「基礎」としてラウンドアレンジから始める。
丸いアレンジが作れるようになって、
だんだんバリエーションのある形も練習し、
上級コースになって初めてウェディングブーケを練習する。

でも、
人によってはウェディングブーケに興味があって、
そこから初めてのフラワーレッスンの門をくぐってもいいのでは、
と思う。

現に私も最初に作った(水性スポンジに挿した)のは、
妹の結婚式のブーケだった。
今考えればなんというチャレンジャーかと思うけれど、
作りたい、という思いが強いのなら、
そして万が一の失敗も許せる仲なら、
そこからお花を始めてもいいと思う。

それらしき形を作って、花嫁さんにブーケを持たせることは、できる。
もちろん、プロのブーケとは雲泥の差はありますが。
作れば作るほど、気軽には作れなくなる。
今まで一万個を越えるウェディングブーケを作ってきて、
さらに感じるシビアな部分と、作る喜び。


さて、今回のレッスンで作るのはデンファレのブーケ。
昔からある花材で、今のモダンなスタイルに仕上げる。

50リンほどの花にワイヤーをかけ、フローラルテープを巻く、
その作業は慣れていないと気が遠くなる。
ただ集中して単純作業を繰り返さなければいけないから。
手先の器用さも関係し、普段使わない筋肉が疲れたりする。

しかし、
単純作業ほど、

     無駄なく、
         手際よく、
                美しく、

繰り返されなければ、
いくらでも時間がかかり効率は下がり、集中力も散漫になる。

そういえば以前、
とある有名な和菓子屋さんで箱を包んでもらいながら、
そのおじさんの、年季の入った手さばきの美しさに見とれたことがある。
どんな作業も、プロとなれば作業姿自体が美しくなる

というわけで今回のレッスンでは、
長年、何人もの人が切磋琢磨し、創意工夫を繰り返し、
研ぎ澄ましてきた技の全てを、
なんと二時間で会得できちゃう、というワケなのです。

ものすごくお得な感じ? ものすごく大げさな感じ(笑)?


他のお教室ではここまで細かくは教えないですよ。
まだまだフローリストさんの中にもテーピング苦手で避ける人、多いですから。 

20060824190827.jpg



これからも、
どんな講座のときも、初めての人が第一歩を楽しく踏み出せるよう、
サポートしていきたい、と思います。


フラワーレッスンは、とにかく、楽しい・・・・・
表紙の写真が変わりましたよ・・・・・amica公式サイト


edit

CM: 16
TB: 0

page top

Category: スポーツ

涙腺のツボ 

2006/08/21 Mon.

私をよく知ってくださってる方はご存知かもしれないけれど、
やや涙もろい

とはいえ、人が「絶対泣く」といわれている映画ばかりではなく、
ふとした出来事でジイ~ンと涙があふれることがある。


日曜は、歴史に残る一戦、高校野球の決勝戦で泣いていた。
そう、今日は勝敗がつかない引き分けだったにも関わらず、である。。。

ご覧になった方もいるかと思うけれど、
両チームのエースが一球たりとも気持ちの緩んでいない、
それはそれは素晴らしい名勝負だった。


甲子園ではまだ一度も負けていないという、
連覇を狙っている駒大苫小牧よりも、
やはり初優勝と大先輩の王貞治選手の回復を願って、
私はやや早稲田実業応援目線で見ていた。

あ、もちろん、
早稲田の投手、ハンカチ佑ちゃん、王子こと斎藤佑樹投手に
すっかり釘付けだったのですが(笑)
ただ、他校に彼女がいるらしく、そんなどうでもいいことに、
なぬうーーー(怒)、と思う、いくつになってもジョシはややこしいデス(笑)。


さて、それで涙していたわけではもちろんなく、
駒大の田中投手と、この王子の投げ合いにシビれたのです。
余談ですが、駒大の田中投手は、
私が小学校の頃に好きだったムラタ君にそっくりだし、
松田優作にも似ていて、ときどきニヤリと見せる黒い笑みもよかったり、
こちらも目が離せない状況でした。


ええと、で、話が反れてばっかりだけれど、
涙があふれた場面はというと、
最終15回、このバッターで最後、となったときに斎藤投手が投げた、
渾身の147キロのストレート。
このバッター(駒大の4番打者)には、最後の決め球のフォークボール以外、
全て140キロを越える全力のストレート勝負。
連日の連投、それも毎日この超暑いグラウンドで、疲れもあるだろうに。。。
その濁りのなさ、そしてそれを見る満員の観客から、思わず起こる手拍子・・・。
その段階でアカン。
(涙・・・)


結果は明日の再試合へ持ち越しに。
もうどちらが勝ってもいい、と思う。

駒大の松田優作系の田中投手も、

  「(斎藤投手と)お互いいいピッチングができるよう、頑張ります」

とコメントしていた。いいライバルと出会えることも幸せだ☆


一方、早稲田のクールなハンカチ佑ちゃん、

  「クール、クール、と言われるけれど、俺も男ですから」

そんなコメントにいくつになってもジョシはシビレる。
やっぱり明日も早稲田の応援をしよう。
きっと勝っても負けても泣けるんだろうなあ・・・


MM20060820223259901M0.jpg


今日の仕事の時間調整はバッチリ・・・・・のamica公式サイト

edit

CM: 18
TB: 0

page top

Category: 思うこと

ひまわりオーラ 

2006/08/14 Mon.

夏の花の代表、ひまわり
花の名前をあまり知らない人でも、
この花は知っているくらい、一度みたら忘れないインパクトがある。

それだけにアレンジするのは簡単なようで難しい。
特に一緒に合わせる葉や花を選ぶ。
ひまわりと同じくらいブレない印象の素材でなければ。。。
下手に「はんな~り」した花を合わせようものなら、
この強いインパクトの花に負けてしまうからである。。。

どちらかと言うと「はんなり系」の私(←うふ)なので、
このひまわりの圧倒的・普遍的オーラにはいつも押され気味、
憧れも抱いてしまう。


そして、そんなひまわりのオーラを持つ人がいる。
一番有名なところでは映画「ひまわり」の主演女優、

 ソフィア・ローレン

彼女の全身からあふれ出る「パンチ」はまさにひまわりそのもの。
眩しい陽射しと常に重ねて思い起こされる。

それからひまわりが大好きだったことで有名だった女優といえば、
 
 夏目雅子

色が白く優雅で美形の彼女も、デビューは全身小麦色の肌だった。


華があって当然、という芸能界の中でも、
ひまわりのオーラを持つ女性はなかなか少ない。
条件は健康美、圧倒的な美しさ、輝き、そして強さ
そんないくつものことが揃って初めて、インパクトのあるオーラが生まれる。


さて、最近久しぶりにそんなオーラの人を発見しました! 
その人の名は。。。

 知花くらら

そう、ミス・ユニバース世界大会で、潤(←じゃなくて)、準ミスに輝いた、
世界で二番目に美しい彼女。

いや、驚いた、日本人が世界基準の美しさに通用するとは・・・。

95511426_252.jpg


忍者の衣装では見事グランプリだったそうで。。。
あたしのくのいちファッションと似てるわ~。

4dfb2bd6.jpg


身長170センチ、スリーサイズは90-60-90!
上智大学卒で、英語、スペイン語、フランス語を話し、
トライアスロンもこなす24歳!
いや、これこそ、
 「どんなもんじゃいーーー」ではないでしょうか?(笑)

9091416_91.jpg


怖いもんナシの堂々としたオーラ、屈託のない笑顔、
これぞひまわりオーラの人、です。
これからのご活躍がすごく楽しみな方です。
知花くららさんのご本人ブログ


ちなみに世界一の美人さん、
プエルトリコの方でした。(むこゆかさん、似てるでしょ~^^)
ミス・ユニバース2006公式サイト

zuleyka-photo1.jpg



さてさて、その人それぞれの持つオーラに似合うお花があります。
私は誰かとお会いしたらピタリとそれを当ててしまいます。
それはオーラの色を当てる江原センセイ並みです。たぶん。(言っちゃった)

そのお花で、
大切な記念日、お祝い、など大切な時間を過ごしたいですよね。

では、どうすれば?
花を選ぶのが苦手で照れくさ~いダーリンに、
さりげな~く「amica」を知ってもらいましょう。
オンラインショップなら照れずに赤面せずにお花が買えますよ~とね。


これであなたのオーラもパワー倍増・・・・・のamica公式サイト




edit

CM: 17
TB: 0

page top

Category: amicaのゆかいな仲間たち

踊る幸せ 

2006/08/10 Thu.

残暑お見舞い申し上げます。
ウチから見える六甲の山並みです。

20060810012005.jpg


今週末からお休みの会社も多く、
楽しいレジャーの計画が待ち遠しい頃でしょうか。

今月もなかなか忙しく、
まだ宿題山積のamicaでございます。。。


さて、ふと最近、気がついたこと、
私の周りには踊るのが大好きなダンサーたちがたくさんいる、と。

種類も多岐に渡っていて、
ジャズダンス、エアロビクス、フラダンス、タップダンス、バレエ・・・。

そのダンサーズ(←勝手に結成)たちは、
この暑い季節には和の踊りもきちんと押さえていて、
いわゆる盆踊りの、炭坑節、河内音頭、ソーラン節、などなど、
祭り系の踊りにも目がないらしい。

いい! それって、すごくいい感じ!
踊ることって、やっぱ太古の昔からのレジャー?だもんね、
私もなんだか踊りたくなってきたー。


そういえば昔、こんなことがあった。
あるクリスマス、その年はなぜか家族でブルーノートへ。
ジャズが好きな父のアイデアだったと思うけれど、
その日の出演アーティストは「K.C. &ザ・サンシャインバンド」。
(「That's the way」のヒットで知られてます。。。)
姉と私は大好きだったので大喜び。

ジャズというよりダンス系のカッコいい曲が続く中、
ブルーノートのオーディエンスは大人っぽく、
ドリンクを片手に座って体を揺らしていました。
盛り上がったところでヒット曲「That's the way」が始まった。

そのときでした、
姉が立ち上がって踊りだしたのです!
ええ、他には誰一人、立っていないところで、です。
プレイしていた黒人ギタリストは驚きつつも喜んで、
まるで姉に向かってプレイするかのような仕草まで(汗)!

隣に座っていた私、驚きつつも考えた、

 自分も立って踊りたい・・・30%
 でも恥ずかしーーー・・・20%
 周りはお構いなしの姉のノリにさらに驚き・・・50%

結局大好きなヒット曲はほとんど耳に入らず、
そのあとライブ終わりまで踊った姉の横で、
妹と一緒に腰を抜かしていたのでした。。。 おしまい



いや、でも断然、踊るが勝ちです、
あのライブを誰よりも楽しんだのは姉だと言えます!

この夏、盆踊りの輪をどこかで見かけるかもしれませんが、
どうぞ臆すことなく、輪に入って踊ってみてください!
踊り終えたらきっと、元気で楽しい気持ちになってるはず。


なぜなら、
私の周りのダンサーズたち、
どの人も私にいつも元気を与えてくれるんですよねえ。


バレエを始めたいけど体がカチカチの・・・・・amica公式サイト


edit

CM: 20
TB: 0

page top

Category: 思うこと

日本男子はどうか?! 

2006/08/05 Sat.

亀田フィーバーもひと段落、ホント大騒ぎでしたね。

前回の女子に続いて、
花の話は抜き、今度は男の子のこと。

女の子は豊かに育てるのがよい、と誰かが言ってた。
基本の金銭感覚は持ったうえで、のことだけれど、
確かにあまりにガツガツしているのは美しくないかもしれない。

逆に男の子はハングリーで、Be ambitious ! と願う。

亀田兄弟の印象は、
イマドキには珍しいハングリー精神を持っていて、
サッカーの日本代表選手、特にFWの選手に見習ってほしい!
なんて思っていた。

でも先日の試合を見て、
またはその他モレ聞く話ではなかなか印象とは違っていて、
本当に昔、まだ日本が貧しかったころのチャンピオン像とは、
全く違う育ち方をしているんだなあ、と
しみじみ複雑な気持ちになったりした。


今の時代、豊かになっていると言われるけれど、
見えない格差が確実に生まれ、刻々と溝が深まっていて、
働いても貧しい「ワーキング・プア」という層の人が10%もいるのだそう。

人員を削減して甦った企業の影で、
こぼれてしまった人々がそれでも家族を抱えて生きていく。


国全体がまだまだ中流がやっとだった時代の貧しさと、
こぼれた人々だけが味わう貧しさ、
そこにはやはり大きな差があるんだろうか。
貧しさから生まれるハングリー精神、熱意、渇望、
それらにはどんな世の中だろうと光が当たることを祈る。。。


ちょっと暗い話になってしまったので、
4歳の可愛いハングリー少年を。

3歳には「しょうらい、おたまじゃくしになりたい」とか
今年の初めには「火の玉になれますように」と夢を語っていた甥っ子、
最近はさすがに「プロのサッカーせんしゅになりたい」と。

DSCF0716-1.jpg

ボールが大きく見えます(笑)

20060805020004.jpg

特に甘いものにはハングリー。


少年よ、夢を忘れずに、熱く生きておくれ^^


「オバ馬鹿」丸出し(照)の・・・・・・・amica公式サイト


edit

CM: 5
TB: 0

page top

Category: 思うこと

「日本の女性は美しい」か。 

2006/08/02 Wed.

最近派手にCMで流れている、
このコピーにだまされ?てヘアトリートメントを購入してしまった。

思えばS社の商品では痛い目に遭ったのに、
うっかり血迷って手に取ってしまった。
それほどに宣伝も、そして商品陳列もインパクトがあった。

その商品には「日本の女性は美しい」というシールが。
このコピーにはかなり女心をくすぐられる・・・。


そうなんだなあ、
日本人はルックスにコンプレックスを持ちすぎなんだろうな。
どうしても欧米人の長い手足や小さな彫の深い顔に憧れる。

黒髪のほかにも、
日本人ならではの美しさってあるのに。。。
最近はプチ整形なんてものが普通になっていて、
使用前、使用後、みたいな番組も先日みかけた。
また、ふと気がつくと色々な芸能人が「伊東美咲」みたいな尖った鼻になってる。
カリスマモデルのえびちゃんの顔って、
好みの問題もあるけれど、ホントに「美しい」?


数年前にミリオンヒットを飛ばした「世界でひとつだけの花」。
こじつけかもしれないけれど、
一人一人が特別なオンリーワンなのに、
判で押したようなパーツをくっつけるのはどうなんだろう。

本当に、花に関して言えば、
花の大きさ、色、形に対して、
最もバランスのよい葉の色、茎の風合いが合わせてあって、
自然のデザインの美しさに、しばらく見とれることがある。


まあ、そうはいいながらも、
私も昔は目が二重にさえなればなあ、とか、
鼻がもう少し高くなれば、と洗濯ばさみで何時間も挟んだりしたっけ(笑)。


日本の女性の美しさ、
それはやはり気配りや優しさだと思う。
こんな素敵な美しさって、ちょっとやそっとじゃ身につかないし、
どこかをいじってくっつくものでもない。
生まれ育って社会で培われたものだから。


私のレッスンに来られる多くの生徒さん、
いや、お世辞ではなく、そんな美しさを感じるのです。

0606-2ashiya2.jpg

0601lesson-ashiya.jpg

0603honmachi-1.jpg

0607-2ashiya.jpg



残念ながらそのトリートメントは私の髪質に合わないのか、
パサパサしてうねって、全然美しくない(怒)のですが、
おかげで日本女性の美しさについて考えるきっかけになりました。。。


お花のレッスンで美しくなれる、かも?・・・amica公式サイト


edit

CM: 14
TB: 0

page top

2006-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。