FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: 芦屋について

サムライの街 

2006/04/27 Thu.

先日、前々から行きたかったお店、
リストランテの「raffinato(ラッフィナート)」へ行った。

芦屋の事情通のみちさんも絶賛する、名店との評判。
ちゃんとお腹をすかせて、予約をして行きました。


「美味しいらしい」ということ以外、あまり情報は持っていない。
なんとなくあっさりとした店内とサービス、
リラックスしてオードブルから。。。

その、ひとくち、
そこで完全に私はひっくり返った!
(・・・という感じがした、というかブリッジした感じ)
一緒に行った相方と目を見開いて見つめ合った。

ななな、なんじゃ、こりゃーーー!(松田優作ジーパン風)

そんな感じ。


そのオードブルとは、
ほんのり自然な甘みのニンジンのムースに、
北海道のウニが乗り、
それをコンソメのジュレが囲む、というもの。

それを三位一体?三種類一度に口に入れて、とのことで。


その素材そのものの味の良さ、
取り合わせのセンス、ボリュームのセンス、

いやあ、本当に驚いた。

このあとに、
 カニの乗ったルッコラとグレープフルーツのサラダ、
 クレープ包みのほうれん草のなんとか(ベシャメルソース味)、
 徳島のフルーツトマトの冷製パスタ、
 筍と干し桜海老のパスタ、
 茶美豚の肩ロースソテー、
 お口直しのアールグレイのシャーベット、
 ラッフィナートオリジナルのイチゴのティラミス、
   ・・・・・いやあ、よく覚えてるでしょう?

と、コーヒーいただきながら大満足で上機嫌になっていると、
奥から小阪歩武シェフが。
なんと、多分、一般的には、巷の人は、きっと、おそらく、
イケメンシェフ
と呼ぶのではないだろうか? 私は照れくさくて言えないけど。
お料理はお口に合いましたか?、量は?など、さわやかなお話ぶり。
「どうだ、ウマイだろうー」なところは微塵もない。


ここ一年、ものすごく美味しいものに出会い過ぎてると思う。
それはこの芦屋という街のおかげだと思う。

目も舌も肥えている人が多く住む、または訪れる、
この街で商売をするのは並大抵のことではない。
ましてや続けていく、生き残っていくのはもっと。
味もサービスも、他より突出していなければ、
この街では淘汰されていく。

大手の店やチェーンでは本当の細やかなサービスや、
作りたての味などが提供されない。
実際、有名でも大きくなってから味が落ちた、など、
この街のうわさは容赦ない・・・。

だから、か、この街には小さくとも「志の高い店」が多い。
シェフ、マイスター、パティシエ、マスター、王子?など、
この街の仕事人たちは、個人で熱いショップコンセプトを持ち、
日夜技を磨いて、休むことなく新しい境地に挑戦していく、

そのひたむきさを見て、
古武道家の甲野善紀氏を思い出した。



まるで芦屋はサムライの街。

ショップを持たずに人目につかないアトリエにいる私は、
さしずめ「くの一」かな?!

尊敬に値するサムライたちに負けないよう、
忍びの技も磨いていこう。ふふふ。

P505iS0026738929.jpg


写真は上で書いたサラダ、これも驚きのお味。

「くの一」の技が見れる・・・amica公式サイト
関連記事
スポンサーサイト



edit

CM: 11
TB: 0

page top

コメント

「サムライ」・・・・・
良い響きですね

「オヌシ ヤルナ!」って感じですか。
討ち死にしないように頑張ります。

先日はオモニの店ありがとうございました
行ってみます・・・カムサハムニダ(^^♪

びんちゃん #0ZaZaHwc | URL | 2006/04/27 11:00 - edit

じゅるっ・・・
すみません、よ、よだれが。

いいなぁ~ステキ。芦屋。
あのあたりは街の風景もとても良いですよね。
小さい頃西宮に住んでて、夙川、苦楽園のあたりが散歩コースでしたし、ウチのお墓が満地谷だし、一時期芦屋に通勤してたこともあります。
なにかと縁はあるようなんですが、なかなかじっくりと訪れるコトがないままですねぇ。
でもこんど企画してみようかしら、芦屋ツアー。

パヒリキズ #- | URL | 2006/04/27 11:16 - edit

脱帽~!!

ひゃ~。
なんて美しいサラダなんでしょ~♪
見るだけでも、うっとり♥
食べたら更にすごいんでしょうね~。
芦屋って本当にいいものが
そろっていますね~。

くの一~~ww
その小山先生の表現力に
ひかるんは脱帽デ~ス(^ー^)

ひかるん #- | URL | 2006/04/27 15:49 - edit

美味しそう!

夕べから急にそういう極上の料理が食べたくて仕方なかったので、なんてうらやましい、、、
今度、義父(スポンサー)が来られたら、連れていってもらおうかな(^^; 

mayupo #- | URL | 2006/04/27 15:55 - edit

言い得て妙・・・?!

なるほど、サムライときたましたか。。。
先生がくのいち・・・うーん、イメージがぁ・・・・・それでもちょっと想像してみました。。
黒に赤のラインの入ったセクシーなミニのくのいち姿の先生、(←スミマセン、想像が貧困で・・これじゃまるで黄門さまの由美かおる) 屋根の上を走っても、思わず、「先生、そんなとこで何してるの?」 と声を掛けてしまいそうです(笑)

ピノコ #- | URL | 2006/04/27 16:59 - edit

皆様~

>びんサマ

オヌシ・・・、居合いのような、イサギヨイあのメニューの数々、
恐るべし、おでん侍。。。

>パヒリキズサマ

ぜひぜひ、ぜひツアー行きましょう。←私も行く気
モリモリ腕まくり(肩が出るイキオイ)して
お待ちしております~^^

>ひかるん

ふふふ、母の日あたりになると、
マジで手が見えないくらいの早さで正確にアレンジしますヨ。
母の日の打ち上げをどこでしようか、
またじっくり相談しましょう、宮モッチもね。

>mayupoさん

義父=スポンサー、ってストレートで素敵です。
お野菜にこだわりのあるシェフなので、
あっさりめ、年配の方にもお勧めですよ。

>ピノコさん

あなたの想像力には爆笑です。
由美かおるみたいな忍者服、着こなせそうな気がします。
そういえば某サイトで肩書きを「フラワーアレンジャー」と紹介された、
いったい何レンジャーなのか、うさん臭い、そんな私デス。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/04/28 02:43 - edit

また行きたい~。

よかった!行ってこられたのですね。
予約がとれてなによりです^^
あのお店は食事を終えた瞬間から次回来店の予定を立てたくなりますよね
小さなお店、しかもシェフお1人で作られているので基本メニューは月ごとに一品づつ変更されているんですって。
なので、次回予定が近々・・という時には事前に言っておくとちゃんと別メニューにしてくださるそうですよ♪

先生のくのいち姿、お似合いだと思います(笑)

みち #QsAlv7FI | URL | 2006/04/28 15:04 - edit

小山さん~行って来られたのですね?
実は私、取材同行して突貫メイクでブログ記事にもしておきながら、まだ一度も行けてない。
というのが、3回も予約を断られているのです。
何と!相性の悪い店なのだろうか~笑

美味しいイタリアンが犇めき合う芦屋で勝負を!
これが取材の時に言った小阪シェフの言葉です。
イエメン・・・そっか~。小山さんにはイケメンにうつったのね?
サムライの街で「イケメン」と呼ぶ人は・・・私はまだいません。が、ベッカライ・ビオブロートのマイスターは可愛いお顔してますね。

小山さん、良かったですね~。
芦屋通のみちさんのお陰ですね~。
みちさん~ミナミナも今度一緒に「名店」を案内してください~。
進まない執筆で、仙人化してる私に救いの手を~。笑

ミナミナ #- | URL | 2006/04/29 20:46 - edit

チャオ~

>みちさん

みちさんのブログ読んで、思い立ちました。
ありがとうございます!
いやあ、一品ずつもすばらしいけど、
取り合わせもいいですよねーーー!
特別な日のお食事だけれど、できれば毎月行きたいですね!

>ミナミナさん

そんなに予約取りにくいお店とは。。。
こないだは月曜早めの時間だったからかな。
ミナミナさん、イケメンのハードル高すぎる~^^
私が甘いのかしら?
いえいえ、ここのシェフはとても爽やかで感じよかったですよ。

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/05/01 01:10 - edit

GW友達とランチにいってまいりました。
おいしかったです。
フルーツトマト甘かったです。
そんなに予約がむずかしとは…ラッキーだったかな?
大阪人のわたしは、芦屋という響きでおののいてしまいますが
先生のおかげで徐々に慣れ親しんでまいりました。
明日のレッスン楽しみにしています。

chika #- | URL | 2006/05/06 13:45 - edit

chikaさん☆

何がオイシイって、
おいしい野菜が一番美味しいですよね~。
自然の甘みや風味、五感を刺激しますよね。

お花、明日お楽しみに^^

amica小山 #6ZS2/17k | URL | 2006/05/07 21:17 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/47-d539a334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-10