FC2ブログ

amicaの色いろ che colore...?  

芦屋のフラワーアトリエamica flowersの日々。

Category: amicaの作品展、芦屋ジャック

「京料理 たか木」さんに、お花を活けさせてもらいました。 

2010/12/03 Fri.

 
今回の作品展で、

「京料理 たか木」さんへは、14日あたりから、の予定でしたが、

なんと、ちょっとしたご縁から、「せっかくだし、活けて」と言っていただき、

12月1日、野山の可憐な素材たちを抱えて、ワタクシ行って参りました。


朝、お店に到着すると、上機嫌なたか木さん。

あらゆる花器を並べて、「どれでも好きなの、使っていいよ」と。

高名な作家さんの花器の数々がズラリ。。。

10nov 191

まずは入口から。

万葉の歌にも詠まれているサネカズラと、嵯峨菊。

10nov 193

ときどき高木さんの面白トークが挟まれつつ、、、笑

10nov 195
10dec 008


一目ぼれした壁掛けの花器には、冬咲きのクレマチスと、旗竿桔梗。
もう少し葉を処理しようかとも思ったけれど、元気なままに。

10nov 197
10nov 198

床の間には、ほととぎす、古典菊の伊勢菊、そして同じく冬咲きの鉄線。

10nov 199
10nov 200

入口正面には、伊勢菊と、ふゆいちご、青つづらふじ。

10nov 201
10nov 202

もう一か所、壁掛けに、ふゆいちご、嵯峨菊。

10dec 016


あ、あと2か所の写真を撮りそびれている。。。


正直、急な話で前日夕方に決まったので、
大きな枝物を準備していなかったので、ややこじんまりですが、

まあなんと、気持ちの引き締まる、清々しい時間だったことか。。。



ほとんどが初めて出会う花材、初めての花器、そして、作業するにはほぼ初めての場所。

想像以上にてこずり、決して捗った作業とは言えない状態でしたが、

それでも、この「即興性」を堪能出来て、

和花の、山野草の、奥ゆかしい美しさにも触れることが出来て、

何より、素晴らしい空間に花という命を活けることが出来て、

心底、この仕事が、この緊張感が、自分自身そのもの、その証しだと。

とにかく、嬉しかった。。。




喜ぶのはまだ早かった、、、!

なんと高木さんが、お礼とお土産ということで、

作家さんの素晴らしい一輪挿しをプレゼントして下さったのでした・・・。

ジイ~ン、、、。


みんなの兄貴、芦屋の宝、たか木さん、ありがとうございました。

私も精進致します。


10nov 204



作品展の詳細日程は、明日公開。
いよいよ、5日(日)、ピュールピュールさんを皮切りにスタートします!

  京料理 たか木
  メゾンドジル
  Rio
  Embrace
  Pur Pur
  kaopan.
  CA
  MONPA
  J-qualia
  とあっせ
  Left Alone など順不同



明日は仕入れ山盛りの・・・・・・・・amica公式サイト



blogmura.jpg
関連記事
スポンサーサイト



edit

CM: 5
TB: 0

page top

コメント

No Title

和花な 和な花器に私も心惹かれます
一輪差しだと 枝ぶりも活かせてにいかに潔くいけるかとなんだか凛とします。
先日メゾンドジルにジル氏来日で伺ったよもう少し遅ければ・・・ 

ちい #- | URL | 2010/12/03 12:50 - edit

No Title

たか木さんの、器ずらりの写真に思わずうを~っと声が出てしまった。
すごく素敵なものばかり。amicaさんどれ使うかな、私ならこれ、っと思ったのが、手前から2番目。
やはりやはり。
そして、思った以上にやさしげに器に寄り添うように活けられたのが
また素晴らしく、他のもそうですが
花器と、花とお互い引き立てあってるのが
さすが~っと、思いました。

moto #- | URL | 2010/12/03 23:09 - edit

>ちい☆

和の花、今回のは本当に普段は市場に出回らない、
お茶花のような、細やかなお花。
花器にひっそりと馴染んで、趣深かったです。
こういったお花たち、冬場はお休みなので、
今からの時期は椿。
また5月以降か、色々な素材が出回る時期に活けさせてもらおっと☆
ジルさんのお話、色々伺いまして、
一緒に「あーぼん」行ったら感激されてたそうです。
ビバ、日本の食文化!

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/12/03 23:45 - edit

>motoちゃん☆

器を、桐の箱からたくさん出して並べていただいただけで、
テンションがどーん(笑)
冷静に&楽しむはずが、気合い入りました。
それにしても、
野山の可憐なお花たち、作家さんの器に映えること、
世界がふわ~っと広がって、全身に喜びが駆け巡りました。
作り込めない分、集中するんです。
あ~お茶を始めたい。。。

amica #6ZS2/17k | URL | 2010/12/03 23:49 - edit

No Title

優しい感じのお花、お料理のお味を想像しました。お昼に挑戦しようかな。高木さんの楽しそうな感じがすごくステキ!また小山さん、活けてください。

まるこ #6ZS2/17k | URL | 2010/12/04 00:07 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amicaflower.blog26.fc2.com/tb.php/281-00dba579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-10